FC2ブログ

フルスクラッチ (full scratch)スクラッチビルド (scratch building) とは!

こんにちは。HAJIME FACTORYです。

今回のブログは、かなり長くなりますのでお時間ある時にご覧ください。
文章というより写真がメインになります。
約70枚以上の写真を掲載しますので、かなり長くなります。
久しぶりの大作BLOGです(笑)

HAJIME FACTORYのBLOGやFacebookの投稿に「フルスクラッチ制作」という言葉が出てきますが、ご覧頂いている方から「フルスクラッチ制作とは、どのような意味ですか」とか「フルスクラッチで制作した作品は、どのようなものがありますか」など素朴な疑問を頂く事も多くあります。

フルスクラッチを簡単に説明すると「各種材料を用いて部品を自作すること」です。
つまり既製品やキットなどを使わず材料から全てのパーツを完成させる事です。
いわゆる「無」から「有」を作るです。

20190305_175155.jpg


基本的にHAJIME FACTORYが制作する全てのCustom Scale Helicopterのパーツに関しては全てフルスクラッチ (full scratch)制作です。

例えば下の写真はHS-ModelのBK117C-1ですが、この生地ボディから依頼者の希望を元に実機ヘリコプターの詳細写真を制作資料として完成させていきます。

フルスクラッチ制作説明-003_R


この生地ボディを元に実機ヘリコプターのレプリカを完成させる為に全てのパーツ類は実機写真を見ながら設計図無しで、全て手作業で制作していきます。

フルスクラッチ制作説明-001_Rフルスクラッチ制作説明-002_R


そのフルスクラッチ制作したパーツの集大成で実機と同じヘリコプターへと完成していきます。

フルスクラッチ制作説明-004_R


もちろん、ボディの下地処理から形状変更などフルスクラッチ制作されたパーツで構成される前にボディの加工、処理、変更などの制作があってパーツは取り付けられて行きますが今回はフルスクラッチ制作の説明となりますので、Custom Scale Helicopterの制作に関しては説明を省きます。

そして、塗装し完成したボディです。

フルスクラッチ制作説明-005_R


これでは分かり難いのでフルスクラッチ制作が良く分かる説明と写真を掲載していきます。

分かりやすいのはCockpitです。

フルスクラッチ制作説明-006_R


Cockpitも制作する実機(所属、部隊)などのヘリコプターの資料を基に、その部隊や所属のヘリコプターのCockpitです。

フルスクラッチ制作説明-007_R


同じ機種であっても所属や部隊が違えば僅かに違いがありますので特に国内航空隊所属のヘリに関しては、出来るだけ所属しているヘリコプターのCockpitを再現していきます。

フルスクラッチ制作説明-008_R


まず、ここで説明するのは制作する物が全て実際に空を飛ぶラジコンヘリコプターに搭載するCockpitという事です。

フルスクラッチ制作説明-009_R


その為、材料選びは出来るだけ軽い材料を使うようになります。

フルスクラッチ制作説明-010_R


これが、完全なディスプレイモデルであれば材料の選択幅は広がりますし加工し易い材料や質感のある材料なども使用出来ます。

フルスクラッチ制作説明-011_R


そして、もう一つは先ほども書いたように全ての同じ機種(実機)であっても所属によりヘリコプターの外部、内部共に同じと言うのは少ないです。
また、同じ機種であっても導入時期が違えば装備なども違う場合があります。
その為、基本的には量産や複製などありませんので全てワンオフ制作になります。

と説明をしている間に完成写真です(^^;

フルスクラッチ制作説明-012_Rフルスクラッチ制作説明-013_R


椅子も、もちろんフルスクラッチ制作ですし、レバー関係も全てフルスクラッチです。

フルスクラッチ制作説明-014_R


ペダルや奥に見えるフロート用のガスボンベも全てフルスクラッチ制作です。

フルスクラッチ制作説明-015_Rフルスクラッチ制作説明-016_Rフルスクラッチ制作説明-017_Rフルスクラッチ制作説明-018_Rフルスクラッチ制作説明-019_Rフルスクラッチ制作説明-020_Rフルスクラッチ制作説明-021_R


下の写真は、灰皿ですが、これもフルスクラッチ制作です。
灰皿の横にあるのはコックピットパネル部分にあるダクトです。

フルスクラッチ制作説明-022_R


このCockpitはBell212/UH-1NのCockpitですが、他のCockpitも同じく全てフルスクラッチ制作です。

下の写真はAH/MH-6 littlebird/killerEggのCockpitです。
写真のみ連続で掲載します。

フルスクラッチ制作説明-023_Rフルスクラッチ制作説明-024_Rフルスクラッチ制作説明-025_Rフルスクラッチ制作説明-026_Rフルスクラッチ制作説明-027_Rフルスクラッチ制作説明-028_Rフルスクラッチ制作説明-029_Rフルスクラッチ制作説明-030_R


HAJIME FACTORYで制作するパーツ類や装備類、武器武装またコックピットは特殊な道具や機械を使うことなく全て手作業で制作しています。

フルスクラッチ制作説明-039_Rフルスクラッチ制作説明-040_R
フルスクラッチ制作説明-041_Rフルスクラッチ制作説明-042_R


下の写真のCockpitはEC-145です。

フルスクラッチ制作説明-031_Rフルスクラッチ制作説明-032_Rフルスクラッチ制作説明-033_Rフルスクラッチ制作説明-034_R

重要なのはコックピット部分だけでなくレバーやコックピット全体の形状なども出来るだけ実機に近いバランスやデザイン及び形状で制作します。


フルスクラッチ制作説明-035_R


コックピットのフルスクラッチ制作の精密度や完成度は依頼内容や依頼条件により変わります。

コックピットに限らず全てFull Custom Scale Helicopterは、ご依頼者の希望や依頼条件などにより変わる場合もあります。


フルスクラッチ制作説明-036_R


希望により照明を組込む事もあります。

フルスクラッチ制作説明-037_Rフルスクラッチ制作説明-038_R


ここまではCockpitでフルスクラッチ制作を簡単に説明してきましたが、次に分かりやすいのは装備類です。

この装備類も本物の写真と資料を見ながら制作していきます。
その装備類の中でホイストを制作した時の写真を掲載します。

コックピットと同じく一枚のプラ材料をメインに制作していきます。

フルスクラッチ制作説明-043_R


制作に使用する道具は全て、どこにもあるような工具です。

フルスクラッチ制作説明-044_R


設計図は書きませんので実物の写真を元に頭の中に設計図を描き作り上げていきます。

フルスクラッチ制作説明-046_R


制作するスケール(大きさ、尺寸)に応じてパーツの大きさや形状またバランスを考えながら一点一点制作していきます。

フルスクラッチ制作説明-047_R
フルスクラッチ制作説明-048_R
フルスクラッチ制作説明-049_Rフルスクラッチ制作説明-050_Rフルスクラッチ制作説明-051_Rフルスクラッチ制作説明-052_Rフルスクラッチ制作説明-053_Rフルスクラッチ制作説明-054_R
フルスクラッチ制作説明-056_R

そして完成したパーツを並べてみました。

このパーツ全てが「無」から出来ているフルスクラッチ制作になります。

フルスクラッチ制作説明-059_R

そのパーツを組み立てると

フルスクラッチ制作説明-060_Rフルスクラッチ制作説明-061_Rフルスクラッチ制作説明-062_Rフルスクラッチ制作説明-063_Rフルスクラッチ制作説明-064_R


そして、塗装を施すとBell212のホイストが完成です。

フルスクラッチ制作説明-065_Rフルスクラッチ制作説明-066_Rフルスクラッチ制作説明-067_Rフルスクラッチ制作説明-068_R


このホイストを制作中のBell212に搭載するとこんな感じです。

フルスクラッチ制作説明-069_Rフルスクラッチ制作説明-070_Rフルスクラッチ制作説明-071_R


という事で非常に簡単ではありますが(ブログとしては長いですが・・・)
フルスクラッチ制作の説明記事でした。

今回はBLOGは写真が多いですが手抜きではありません(笑)
言葉での説明より写真を流れを見た方が分かりやしいので詳細な説明は省き写真をメインにブログを書きました。

BLOGも書き終わって上から流しながら見ると、あっという間ですが実際は、説明の流れや文章や写真の編集など結構時間が掛かります(;'∀')

カスタムスケールヘリの制作と同じです(^^)

完成すれば分からないような部分なども多く、その多くは地味な下地処理だったりボディの修正であったり、形状変更であったり、綺麗にする成形であったりと、分からないような所や説明しなければ気付かないような箇所なども含め拘り制作するからこそトータルバランスや実機感など依頼者に喜んで頂けるHAJIME FACTORYのスケールヘリコプターが完成すると思ってます(^^)

という事で長いブログに最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それでは、次回のBLOGもお楽しみに!!

最後に誤字脱字があれば、ご容赦ください。
もし誤字や脱字があれば前後の流れで何となく把握して下さい(笑)


Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment