FC2ブログ

2019-12-11 本日のGood morning 投稿と日本の自衛隊ヘリの特徴

Good morning☀
Have a good day👍

おはようございます☀
今日の兵庫県も朝日が眩しい晴天です!
加古川市の最高気温は15℃、最低気温は6℃です。
風も穏やかな予報なのでフライト日よりです😊

昨日、お客さんと話をしている中で

「お客さんがオークションで落札し送られてきた不具合の多いヘリはエアーウルフになったんですね~」

と言われ「なるほど・・・そう捉えてか」と改めて感じました。
改めてと言うのは前々から、「コメントと写真が違うので勘違いされる事もあるかも」とは思ってました(^^;

Good morning 投稿は、コメントとは関係の無い写真を投稿している事があります。

なんの話かと言うと

先日書いたBLOGの記事「2019-12-7 本日のGood morning 投稿とオークション購入の注意点と紅葉の中のAIRWOLF」を読んで頂ければ分かると思います。

最近のブログにもFacebookと同様に「Good morning 投稿」をしてますが投稿の内容(文章)と全く関係の無い写真が掲載されていると思います。

これは何故かと言いますと

元々、Facebookに「Good morning 投稿」を出していたのですが朝の投稿はツイッターの「つぶやき」のような投稿していて、その投稿(文字)だけだと日本語なので日本語が読めない海外ファンや海外のFBフレンド向けに投稿内容の「つぶやき」とは関係無く「今日の写真は」という事でヘリコプター関連の写真を投稿してます。

その流れが、そのままBLOGにも同じ投稿している事もあり勘違いされたのだと思います。
確かにFacebook投稿でも、コメントをサラッと読んで写真だけを見ると勘違いされると思います。

Facebookの場合は特にコメント(文字)は、あまり読まないという方も多いと思います。
パソコンやスマートフォンへ通知が届き「サクッと」と文章を見て写真を見る感じが多いと思います。

なんとなくなんですが、Facebookは写真がメイン、Twitterはコメントがメイン、BLOGは文章がメインという感じがしてます。

その使い分けが、ちゃんと出来ていない事から勘違いされるのだと思います。

なかなかFacebookとBlogの使い分けも難しいですよね。

FacebookにBlog記事のリンクを貼るばかりだと気軽に見るFacebookなのに毎回、Blogに飛ばされると面倒ですよね(^^;

ちょっと投稿の内容を変えていきますね。

Facebookの「Good morning 投稿」は「おはようございます。」の挨拶と写真をメインに投稿していきます。

BLOGの「Good morning 投稿」はFacebookに投稿した写真とは関係無く、昨日あった出来事などで印象に残る事や伝えたい事などをBLOGの記事として書いていきます。

という事で、今日はFacebookと同じ写真を投稿します。
Facebookに投稿した写真は日本のブラックホーク「UH-60J」についてです。


以前「陸上自衛隊 UH-1J」は「Bell UH-1D」や「Bell UH-1N」に日本の迷彩塗装しただけでは「UH-1J」にはならない!

という投稿をしたのですが、これと同じく日本の航空自衛隊 UH-60Jは一般的なUH-60に迷彩しただけでは「UH-60J」にならないです。
(Facebook11月6日の投稿)

これも良く勘違いされている事なのですが日本の「航空自衛隊 UH-60J」や「陸上自衛隊 UH-60JA」の大きな特徴は鳥が羽を広げたようなスタブウィングです。
もちろん、装備関係も他のUH-60 ブラックホークとは違いますが、今回は最も特徴的なスタブウィングの比較写真を掲載します。



UH-60orUH-60J-2.jpg

UH-60orUH-60J-5.jpg


この写真を見て頂ければ分かりますが、日本のブラックホークは、このスタブウィングがあって初めてUH-60JやUH-60JAになります。

UH-60orUH-60J-3.jpg


もう一つの大きな特徴としてパイロット席の後ろ窓にあるバブルウィンドウです。


UH-60orUH-60J-4.jpg


以前、Facebookで投稿した「陸上自衛隊UH-1J」について書いた投稿を掲載します。

陸上自衛隊の「UH-1J」は「UH-1D」や「UH-1N」ではありません。
UH-1D、UH-1Nとは別の機種です。

つまり、塗装を迷彩にしただけではUH-1Jになりません。
これは良く勘違いされている方が多いです。

分かりやすいように比較の写真を掲載します。


陸上自衛隊のUH-1JはBell205Bという機種になります。
富士重工業(現・SUBARU)と共同で行なわれ、モデル 205B-2と称されました。
富士重工業での生産分は、UH-1Jとして陸上自衛隊で制式化されてます。


外観的な部分だけで言えばBell205とBell212を合わせたようなスタイルになります。

比較が分かりやすいようにホワイト塗装の写真を使ってますがUH-1Jのみ右向きの為、左右反転してます。

UH-1J比較

こうして見ると一見、同じように見えるヘリコプターも実際は大きく違います。

陸上自衛隊 UH-1J

UH-1J比較用


装備が多少違うとか形状が多少違うだけなら良いのですが、UH-60JもUH-1Jも他のヘリコプターとは全く違います。

その為、UH-60JやUH-1Jは塗装(迷彩や海洋迷彩)が違うだけと思っている方が多いです。

もちろん、陸上自衛隊や航空自衛隊の迷彩にするだけでも雰囲気は出ます。
ただ、それでも迷彩デザインの塗り分けパターンや色の再現には拘って制作します。

HAJIME-FACTORYの考えは「同じ制作するなら拘る」です。
つまり、同じ塗装をするならば出来るだけ実機に近い色合いやデザインを資料と睨めっこしながら再現していくという考えです。

この「同じ制作するなら拘る」という事は以前のブログでも記事にしていますのでお時間があればご覧ください。

タイトル「同じ制作するなら拘る?」


さぁ!今日も一日が始まります。
本日もHAJIME-FACTORYは全力稼働です!!


Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment