FC2ブログ

初心者Sさんの強化フライト講習(トレーニング)の様子

こんにちは。Hajime-factoryです。

先日の24日に岡山県からSさんが強化フライトトレーニング
の為に来房されました。


Sさんの所有ヘリはHIROBO シャトル+2 GPで
9月11日に初めて工房に来られた時には
アメンボを装着され地上30㎝~40㎝を浮かしては下ろしを
繰り返していました。


そして、9月18日にも遊びに来られた時は一日雨でしたので
雨の合間に数フライトのみ練習された時には
地上から約1mでホバリング出来ていました。





と言ってもアメンボが地上から少し離れる位置での
ホバリングで、やはり浮かしては下ろしの繰り返しでの練習


1回目と2回目の練習を見させて頂き最終的にアメンボを
外して練習する事を勧め、もし怖い場合は
「横棒を一本スキッドに取り付けて練習して下さい」と伝え
その後、日々の練習でアメンボを取り外し横棒を取り付け
練習されたようですが、その時の感触は

「アメンボを外すと、こんなにはも飛ばし易いとは思いませんでした」

と連絡がありました。


HIROBO製のアメンボは専用スキッド装着に専用のアメンボを
取り付けますが、このアメンボは重量がありますので機体全体が
多少、振り子状態になり、ある程度、浮かせるようになれば
外した方が飛ばし易い場合があります。






また、アメンボを装着で安心感もありますので
ホバリング中に多少、不安が出るとスグに
「ドスン」と下ろす癖が付きます。

Sさんは当工房の助言でアメンボを外されましたが
それは、Sさんの練習を見てアメンボを外した方が飛ばせる
という判断の元ですので全ての初心者の方がアメンボを外した方が
良いという訳ではありませんので誤解の無いようにお願いします。

そして9月18日から約一週間後の24日に
強化フライトトレーニングの為、午前10時に来られ
午後6時まで丸一日のフライト練習でした。


フライト練習の前に機体のチェック

この時は、Sさんの操縦を確認する為に念の為
アメンボを付けてもらいました。

横棒でも良かったのですが工房前のフライトエリアは
下が平では無いので横棒だと引っ掛かる可能性があります。






機体の状態を確認し調整そして細かなセッティングをします。






そして、アメンボを装着してのホバリングを見て
即、外し強化トレーニングに入ります。


まずは、トレーナーコードで徹底的にホバリング練習です。






出来るだけ目線の高さでホバリング出来るように練習です。






トレーナーコードで繋がっているため、危険な状態になれば
即座に全操縦権を指導側が取りますので気持ち的には
安心感があり本来、恐怖感があり出来なかった高度での練習が出来ます。


機体の流れに対して反応がまだ遅いため大きく流れる場面もあります。






ホバリング中に指導者が操縦のワンポイント
などを指導しながら練習します。






何度か指導者が操縦を変わりましたが、ほぼSさんが
操縦し目線の高さでホバリングが出来ていました。






大きく流れる場面もありましたが落ち着いて元の
位置に戻せるようになってます。


約、半日は休む間も無くスパルタトレーニングです。







そして、トレーナーコードを外してホバリング出来るかの
最終チェックをします。


その結果、合格しましたので、その後は一人で練習ですが
まずは離着陸のみの練習をしてもらいます。


ドスンと下ろすのでは無く出来るだけ奇麗に着陸させる
練習のみを続けてもらいます。






その後、通常のホバリングですが目線の高さで1タンク一度も
下さないように頑張って練習です。


「頑張れ」と思わず声が出ます。






見事、1タンク一度も下さずにホバリングが出来ました!


ホッとしているのも束の間でスグに続けて同じく
一度も下さずに1タンクのホバリングです。


Sさんの場合、約8分位で集中力が途切れ機体が乱れてきますので
8分で一度下ろし少し休憩そして8分ホバリングを繰り返して練習!






そして、本日の最終指示!


人工芝から出来るだけ外に出ないようにホバリングをする!






かなり難しいと思います。


何も言わなければ人工芝の範囲でホバリングが出来ている
時もありますが、「範囲内で」と意識するだけで乱れます!






それでも、練習を続けていきます。


そして徐々に出来るようになり最後の1タンクは、
ほぼ人工芝内でホバリングが出来ていました。





写真は、明るく見えますが、この時点で肉眼では少し薄暗いです。





高度も目線の高さを維持しています。






そして、丸一日のスパルタ強化トレーニングが終了です。


一日で素晴らしい成長です。


Sさんお疲れ様でした。






シャトルプラス2もお疲れ様でした。






この日は13タンク以上の燃料を焚きました!!


つい2週間前はアメンボで下を這っていたSさんのシャトルは
アメンボを外し目線でのホバリングが1タンク無くなるまで
一度も下すことなく浮かせる事が出来、最後には
限られた範囲内でホバリングが出来るようになりました。

たった一日で見違えるように上達されました。


それは、Sさんの場合、既に操縦できる技術はあったという事です。


自分で練習していると何か壁のような物が越えられず
自分の中にある許容範囲の中で練習をしている事により
本来の操縦技術を出せていない事もあります。


今回の強化トレーニングはSさんにとって大きな自信に繋がったと
思いますし疲れたと思いますがヘリの楽しさと爽快感を
改めて感じて頂けたのではないかと思います。


ここから、また一人での練習になりますが
練習方法と目標をお伝えしていますので単に練習するのでは無く
効果的な練習が出来、更に上達されると思います。


今回のSさん(初心者)の練習で重要な事は

「しっかり調整とセッティングが出来たヘリで練習をする事」

一人で練習されている方は「自分は下手なのか」と
思っている方も居ると思いますが
ヘリの調整がしっかり出来ているかどうかが重要です。


そして
「目標と目的を持って練習する事」

何も目標を持たずに練習するのでは無く
今日は、この練習を中心にやろう!
今日は、ここまで出来るように練習しよう!
という目標が大切だと思います。


ヘリコプターの練習は絶対裏切りません。
「難しい」「無理だ」と思っても必ず蓄積され
その蓄積された技術は、成果として必ず出てきます。


Sさん!次回、お会いするのを楽しみにしています。


HAJIME-FACTORYスパルタ強化フライトトレーニング
大変お疲れ様でした!!!


Comment 10

There are no comments yet.

海猿  

No title

この様に努力されている方がいらしゃるのですね!
私も励みになります。
努力は裏切らない。
本当そう思います。
頑張って練習するぞ~。
でも最近雨が多いな。

2016/09/28 (Wed) 17:53

eiichiVR  

No title

Sさん、上達されましたね!18日に同訪していたものとして、他人事でもありません。よかったね~と言いたい。
長く重いアメンボも、時に邪魔になる挙動と余計な補正を要求しますからねー。短く軽い調整がすぐにできるタイプがあればいいのですけどね。舵や姿勢の遅れ、先読みでの補正など凡人で十分判断できる反射神経でいいので、そこのポイントが分かるまでですね。
もちろん調整第一ですが、一人でやってると”ソコ”がわかりません・。Sさんもこの先、「あの頃はいったいなんだったのだ?」ってほど記憶が蘇るのではないでしょうか。ブレード回転面と重心移動やスティックとの一体感まで、もうすぐですね、頑張ってほしいです。

2016/09/28 (Wed) 18:36

anchan  

No title

私もまだ飛ばせるに毛が生えた状態ですがこの記事を拝見して同じような事だったと思い出しました。

工房さんには遠路九州までお越し頂きスタッフのYさんとトレーナーコードで繋がり上空を走らせヘリの面白さと自信がついたものでした。
これが無かったらRCヘリも挫折していたと思います。

この日に行けなかったのが残念です、次回訪問時にはSさんとお会いしたいものです。

2016/09/29 (Thu) 08:39

敏ボー  

No title

この記事を読んで、
私もヘリを始めた頃を思い出しました。

何とか離着陸が出来る様になり
アメンボ外して
今日は半径1M内で、ホバ練習。
明日は50cm。
次は30cm。
目標を決めてやってました。
人から話し掛けられても、耳に入らなかったです。

2016/09/29 (Thu) 12:31

hajime  

No title

> 海猿さん
継続的な練習は蓄積され急に出来るようになる時がきます。
飛ばせるようになるまでは地味な練習の連続ですが、その基礎をしっかり練習されておく事が重要です。
ヘリは誰もが必ず大空を飛ばせるようになります。
神業のように思えた事も出来るようになります。
頑張ってください。ヘリ仲間全員が応援してますよ!!

2016/09/29 (Thu) 16:17

hajime  

No title

> eiichiVRさん
Sさん一日で格段に上手くなりました。
日々の練習の成果が出た感じです。
次回、会われる頃には上空かな!

2016/09/29 (Thu) 16:20

hajime  

No title

> anchanさん
今となれば、その頃が懐かしいですね。
anchanさんもSさんと同じく日々の基礎練の積み重ねがあったからこそ、少しのサポートと少しのキッカケで上空を飛ばせるようになったと思います。
この少しのサポートと少しのキッカケが一人でやっていると無いので中には挫折される方もいるかもしれません。
仲間というのは大切だと思います。誰かに見られたいから、誰かに報告したいから頑張って練習するという事もあると思います。
そう言った意味でもブログは頑張れるアイテムの一つかもしれませんね。

2016/09/29 (Thu) 16:35

hajime  

No title

> 敏ボーさん
懐かしいですよね。
限られた時間の中でとにかく飛ばしたい、練習したいという気持ちが強い時期ですね。
この頃が一番一生懸命で一番集中し一番楽しかったのかもしれませんね。今月の目標、今週の目標、今日の目標を決めて練習してた頃を思い出します。
頑張れ初心者です!神業のように見える演技も、この一歩から始まります。

2016/09/29 (Thu) 16:43

ets**985  

No title

ヘリ歴はまだまだあさい、私も同じことしてましたねー。
私は電動から始めましたので、エンジンの練習時間長いので集中力がかなり必要でしょうが、上達早いですねー!
環境がエンジン禁止なのでしかたのないことですが。現在スケールヘリに、はまつておりますが、ほぼ毎日触っています。奥の深いマニアックな趣味になっております。> hajimeさん

2018/09/17 (Mon) 10:50

hajime  

No title

> ets**985さん
最近、始められたフライヤーさんは上達が早いですね。昔と違い機体とメカの性能が格段に向上しているのもあると思います。
そして墜落の回数が昔に比べ少なくなってるので続けて行かれる方も多いのかもしれませんね。
その反面、墜落した時の精神的ダメージは大きいようです。
私たちの時代は飛ばしている時間より墜落して修理している時間の方が多かったですからね(笑
スケールヘリは空飛ぶラジコンの最高峰だと思います。
飾って、触って、飛ばして楽しめる究極のラジコンヘリコプターです。

2018/09/17 (Mon) 11:15

Leave a comment