2012.12.02     カテゴリ:  AH/MH-6 

   AH-6J-450

AH-6J Killer Egg RC Helicopter customize 450 size Body


FC2TOP2.jpg




AH/MH-6H/J キラーエッグ 小型強襲偵察ヘリ/リトルバード 小型汎用ヘリ
U.S Army 160th SOAR(A) Special Operations Aviation Regiment 通称、ナイトストーカーズ(Night Stalkers)





MH-6_Little_Bird449-359.jpgMH6_at_NASCAR449-359.jpg
AH-6H/JMH-6H/J
   photo by:american special ops

米陸軍特殊作戦機の中で詳細がいまいち不明なのがこれらOH-6カイユースの未裔達である。
OH-6A(ヒューズ369)は1960年代に1,400機以上量産されたがベトナム戦争で約3分の2を消耗し、残りの機体もすでに全機退役済み。
ところが陸軍は1981年以降MD500/520/530をSOFヘリとして毎年少数ずつ調達を続け、FY92までに50機以上を導入した。モデルとしては電子偵察型のEH-6B/E、特殊作戦型MH-6B/C/E/H/J、ガンシップAH-6C/F/G/H/Jが知られているが、公開される機会が少ないのと写真がほとんど発表されていないため、詳細が分からないのが実情。
現在も使用されているのはAH6H/JとMH-6H/Jの4種でリトルバードと呼ばれ、すでに160SOAR(Special Operations Aviation Regiment)「第160特殊作戦航空連隊」に配備されている。
H型はMD500MG(アリソン250-C20、フラットレート375shp)、J型はMD530MG(アリソン250-C30、同425shp)がベースになっており、装備はAH,MHそれぞれ共通である。





AH-6H/JはAAQ-16 FLIR( Forward Looking Infrared rays:前方監視用赤外線装置) ,ALQ-144 IRジャマー、APR-39 RWR(Radar Warning Receiver)などを装備し、武装としては、M-260ROCKET LAUNCHER(7発)ポッド×2、M134・7.62mmミニガン×2を両側面のスタブウィングに搭載するのがスタンダードだが、これらに換えて12.7mm機銃×2または、ヘルファイア/スティンガー×4を搭載することも可能。

M26070mm.jpgM134.jpg
M-260ROCKET LAUNCHERM134・7.62mmミニガン(minigun)


AH-6H/Jの主任務は、MH-6/Jのエスコートであり、小型の割には大きな攻撃力を備えている。

MH-6H/Jは小規模侵入作戦に使用される特殊作戦ヘリで、3~4名のSOF要員を乗せて最大150km程度の敵地侵入が可能。
FLIR,IRジャマー,RWRの装備はAHと同様だが、固有の武装はなく、搭乗員の携行する銃器のみが防御兵装となる。
スタブウィングはなく、換わって折りたたみ式ステップを装備するのが特徴。



AH-6J Killer Egg RC Helicopter customize 450 size Body Introduction


AH-6-実機比較3L

AH-6-実機比較SAH-6-実機比較2S


もともと、AH-6Jは第160特殊作戦航空連隊、通称ナイトストーカーズのみに配備されているヘリで
その、詳細はあまりオープンにはなっていない。
その為、写真データーや図面の入手も少ないのだが保持しているデーターを元に可能な限り再現した。


AH-6Jに関してはパーツの殆どをフルスクラッチでの制作となった。

武装


コクピットもフルスクラッチ制作でテールフィンに関しては、強度と重量、厚み(薄さ)でカーボンを使用。


コクピット 


AH-6Jボディ完成1L

AH-6Jボディ完成2SAH-6Jボディ完成4S

AH-6Jボディ完成3L

AH-6Jボディ完成6SAH-6Jボディ完成5S





室内撮影写真

DSC09566A-L.jpg

DSC0957A-S.jpgDSC09570A-S.jpg


DSC09612B-L.jpg

DSC09583B-S.jpgDSC09663B-S.jpg


DSC09616C-L.jpg

DSC09587C-S.jpg名称未設定C-S


DSC09619F-L.jpg

DSC09705F-S.jpgDSC09639F-S.jpg



DSC09739D-L.jpg

DSC09626D-S.jpgDSC09733D-S.jpg



DSC09667C-S.jpg

DSC09646.jpgDSC09720.jpg







AH-6Jのテストフライトビデオです。







このAH-6Jは5枚ローターですが、3軸ジャイロ無しです。
テールジャイロのみの操縦ですが、安定してます。

マルチヘッドの場合、特に5枚ローターの場合はヘッドの調整やダンパーの微調整やローター選び、
バランス設定が難しいですが、全てが決まれば3軸ジャイロ無しでも普通にフライトしてくれます。

ただ、風にはやはり弱いです。マルチヘッドのノージャイロの場合、風には弱いので
風が強い日は操縦に気を使いますが、多少の風ならばフライト感覚の癖を把握してやれば
安定したホバリングやフライトが可能です。

ヘリを機械的に制御する3軸を搭載せずに5枚ローターの癖を把握し飛ばすのも楽しいかもしれません。

モーターはトルクがあるモーターで無いと5枚ローターのピッチの負担にテールが逃げる事があります。
メインローターのピッチ角度により通常の2枚ローターより負担が掛かりますのでトルクの無いモーター
の場合、テールの回転も落ちますので、ピッチ負担を減らしスティックワークが必要ですので
あまり神経を使わないフライトをされる場合はトルクのあるモーターがベストです。

このヘッドは、フローティングヘッドでは無くリジットタイプのヘッドにしてます。
4枚ローターの3軸無しの場合は多少、フローティングがあった方が良いのですが
5枚ローターの場合は3軸が無くてもリジットの方が安定します。

DSC02339.jpg
DSC02336.jpgDSC02334.jpg

DSC02365.jpg
DSC02375.jpgDSC02370.jpg

DSC02360.jpg
DSC02354.jpgDSC02352.jpg



今回のAH-6Jはコクピットや武器武装含め作りこんでますがバランス良く、素材選びにより軽量に仕上がりました。





































トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)