2015.04.15     カテゴリ:  最新記事 

   AH-1Z stub wingsとフルカスタムパーツの重量について

こんにちは。Hajime-factoryです。


お問い合わせの中で良くある質問に
「フルカスタムをした場合、重量はどれくらいアップしますか?」
という質問があります。


制作する機種や内容によって様々ですので一概に、重量がどの程度アップするかと
言うことは言えませんがワンオフのパーツ制作において強度、重量を常に
考え制作方法や材料を選択し制作をしています。


下の写真はAH-1Z Viper のスタブウィング制作中の写真です。



AH-1Z-スタブウィング-1




そして、下の写真はベースボディのスタブウィングとの大きさ比較です。
AH-1W Super Cobra のスタブウィングとは大きさ、形状も
違いますのでAH-1Zのパーツ関係は全てワンオフで制作します。


スタブエヒング大きさ比較





そして、下の写真はベースボディのスタブウィングとの重量比較です。

※比較する為にカスタムパーツと同じLEDを2球ノーマルパーツにも入れています。


スタブエヒング重量



ベースボディパーツとカスタムパーツの重量の違いは3gです。
大きさ比率からいっても僅か3gの重量増に抑えて制作しています。

全てのパーツやカスタム制作は、強度と重量を常に考慮し可能な限り
軽くて強度がある制作方法、材料で制作をしています。

そして、完成した時にベースボディと比較しても重量増は可能な限り少なくしていきます。

R/Cスケールヘリコプターである以上、カスタム・スケールヘリコプターであっても
可能な限り軽く制作し快適なフライトが出来るように制作しています。







ここでAH-1WとAH-1Zのスタブウィングの違いを簡単に説明します。

下の写真をご覧頂けると分かると思いますが
AH-1WとAH-1Zでは、スタブウィングの長さ、厚み、形状が違います。
また、航空灯も違い、AH-1Wは側面に一つですが、
AH-1Zは側面と上部と2箇所の航空灯が装備されてます。




AH-1W-AH-1Z_20150415152202afb.jpg




下の写真は、AH-1Wベースボディのスタブウィングと
ワンオフ制作のAH-1Zのスタブウィングです。

実機と同様の形状と大きさ比率で制作しています。
また、航空灯も実機同様2箇所に取り付けてます。




スタブエヒング形状比較



このAH-1Zの航空灯に使用したLEDは3mm球ですが、従来のLEDと違い
超高輝度のLEDを使用していますので夜間だけでなく日中でもかなり目立ちます。

また、正面からだけでなく側面から見ても眩しいくらい光ってます。



スタブウィングLED



今回の記事は、カスタム制作においての重量の記事でしたが、
合わせてAH-1Zのスタブウィング制作状況も掲載しました。