2015.01.27     カテゴリ:  最新記事 

   スケールヘリコプター用 スタンド

スケールヘリコプター用のメンテナンス、運搬、ディスプレイ台です。

HAJIME-FACTORYのお客様が制作されたスケールヘリコプター専用の
ディスプレイ&運搬台を紹介します。




20150127-DSC06935_R.jpg



5ミリ厚のアクリルで制作されたディスプレイ台は
「丈夫さ」「機能」「デザイン」共に良く考えられています。



全部に透明なアクリルを使う事によりディスプレイ台が目立たず
スケールヘリコプターが浮いている感じになります。


20150127-DSC06933_R.jpg



また、このディスプレイ台は車での運搬時にスケールヘリコプターを
台に固定出来るように考えられています。



20150127-DSC07020_R.jpg



スケールヘリコプターのボディが直接触れる部分には高品質な
スポンジが使われています。
ゴム系では無くボディに優しいスポンジが使用されています。



20150127-DSC07066_R.jpg20150127-DSC07067_R.jpg




特に引き込み脚仕様のスケールヘリコプターを置いておく場合
タイヤの回転や引き込み脚への負担、サーボの負担等を考えれば
このような台に置いておくのがベストです。


20150127-DSC06940_R.jpg


もちろん、メンテナンス用としても使用できますので
「メンテナンス」「ディスプレイ」「運搬」
とマルチに使えます。

そして、特記すべき内容は、このディスプレイ台にスタンドを
取り付ける事が出来るようになってます。


20150127-DSC06963_R.jpg




これが、また素晴らしいアングルで飾れます。


20150127-DSC07022_R.jpg20150127-DSC07028_R.jpg



スタンドは7キロの重量に十分耐えれる構造になっておりディスプレイ台を
取り付けた時でもガタも無くしっかり取付が可能です。

500クラスのRCスケールヘリコプターを
このようなアングルで飾れると言うのは素晴らしいです。


20150127-DSC07049_R.jpg20150127-DSC07050_R.jpg




斜めに置いてもズレる事はありませんが保険の意味も
含めテール部分にベルクロを取り付ける事が出来ますので
更に安心して飾れます。

透明なアクリルで制作しているので、このようなアングルで
飾ると本当に浮いている、飛んでいるような感じになります。

500クラスのスケールヘリコプターを飛んでいるアングルで
飾れると言うのは、正に「感動」です。


20150127-DSC06987_R_20150127220522285.jpg






そして、もう一つのディスプレイスタンドが
「AIRWOLF 120size Custom-Fuselage」のディスプレイスタンドです。



20150127-DSC07200_R.jpg



これまた、カッコイイです。


20150127-DSC07176_R.jpg20150127-DSC07178_R.jpg





下の写真のように模型も飾れます。


20150127-DSC07215_R.jpg



このスタンドも試作段階で現在、木製の
「AIRWOLF 120size Custom-Fuselage」専用スタンドを企画しているようです。

完成が楽しみです。


その他、複数の写真(拡大可)はWebアルバムに掲載していますので
下のリンク画像をクリックしご覧下さい。

CapD20150127.jpg 



今回、紹介させて頂きましたオリジナルディスプレイ台は
全てオーダーで好みの寸法で制作して頂けるようです。

現段階では、制作の受付はしていないようですが多くのご要望があれば
オーダーを受け付けてくれるかもしれません。

スケールヘリコプター専用台は、殆ど市場に出回ってませんので商品化となるといいですね。