2014.11.24     カテゴリ:  最新記事 

   Airwolf 30th Anniversary festival?

こんにちは。Hajime-factoryです。


今年はAirwolf 30th Anniversaryだからでしょうか?
ご依頼のAirwolfが増えてます。


DSC03763.jpg



今年は特に民間機が多くBK117シリーズやEurocopter社(現Airbus)の
ヘリコプターの依頼が多くありますが、その数に負けない位Airwolfもあります。


つい先日はSikorsky MH-53E 海上自衛隊のご依頼がありました。


9768824223_650f241524_o (1)


ご依頼頂いた方は、実機の整備士でありF3Cのフライヤーでもあります。
Sikorsky MH-53Eは現在、制作企画段階ですが約全長1700~1800mm予定で進めています。

ご依頼のご希望「求める物」は

海上自衛隊のSikorsky MH-53E
「実機のMH-53Eを再現」
「7枚ヘッド、ローター」
「引き込み脚仕様」
「後部ドア稼働開閉」
「テールスキッド稼働」

ベースボディ自体はSH-53しかありませんので、そこからMH-53Eへカスタム制作予定です。

現在は、資料の入手も含め計画段階です。




話は戻りまして現在、製作中のAirwolfです。


DSC03746.jpg


Full custom-Airwolf 600sizeが2機

Full custom-Airwolf 90/700sizeが1機

custom-Airwolf  90/700sizeが2機


この他に450sizeのFull Custom Airwolfが1機あります。

custom-Airwolf  90/700sizeが2機は
ノーズ制作、底部制作、左テール、ピトー管、空中給油口、コックピット
全塗装、そして組込制作、フライト調整です。


custom-Airwolf  90/700sizeは最終的なウレタンクリアーも仕上がり
組込み制作中です。

強度のあるウレタンクリアー焼付塗装ですので移動中にちょっと当てた程度では
塗装ダメージはありません。ピカピカに仕上がってます。

塗装はオリジナル配合のウルフカラーで全塗装。

Airwolf90-2166.jpg 


Airwolf90-2167.jpg  



組込み制作は、機体の加工から入り、ボディ内に綺麗に収まるように加工します。
もちろん、土台も機体の幅、高さなどに合わせ制作していきます。


Airwolf90-21613.jpg 


スケールヘリの組込み制作は、固定が強すぎても振動が出ますし固定が弱すぎても振動が出ます。


ノーマルフライトでは振動が出なくてもアイドルアップで高回転にすると
激しい振動が出来る事もあります。

Airwolf90-2168.jpg 


もちろん、組込み方法だけでなく機体の精度やヘッドの精度、バランス、ローターの精度や
相性により振動が出る事も多いですので機体調整やフライトテストも10数回飛ばし込み調整をします。

スケールボディへ組み込んだ状態で10数回調整の為、テストフライトをします。
その間、機体の取り外し、組込みも数回に組込み、取り外しを繰り返します。


Airwolf90-21615.jpg  


ノーマルホバリングからアイドルアップでの旋回や上空などもテストフライトをしていきます。
通常のスケールヘリフライトでは、やらないような演技も中にはテストする事もあります。

ご依頼者によりフライトスタイルや操縦スタイル、ピッチの使い方なども違いますので
出来るだけ、ご依頼者を想定したテストを繰り返します。


Airwolf90-21617.jpg 



Custom-Airwolf  90/700sizeも後少しで完成です。


そして、現在、製作中のFull custom-Airwolf 600sizeです。

このFull custom-Airwolf 600sizeはご依頼者の強いご希望により
ドアの開閉とコックピットの完全再現も含めフルカスタム製作です。



DSC03799.jpg 



ドア開閉も単にドアが開閉すれば良いのでは無くヒンジの部分も
実機同様の機構とデザインで制作してます。

ドア開閉



フロントは従来の形状より絞るように制作していますのでドア開閉と合わせ
中から木材とグラスえ補強をしてます。

このウルフは完全なるフルカスタムとなりますので、ターボインテークの形状変更
底部再現、左テール、実機同様のテール形状、上部カバー加工、制作、リベットなど
各部の徹底したカスタム制作をしてます。

カスタム制作の詳細は、また記事として掲載していきます。

次はコックピットです。


今回のコックピットはレバーから椅子まで実機の資料を参考に椅子の形状、
各種レバー形状まで拘り制作しています。


DSC03173.jpgDSC03188.jpg
DSC03179.jpgDSC03191.jpg



ボディへ仮置きした状態です。

もちろん、この状態でバッテリーも搭載可能です。

レバーや椅子など全てパーツはバッテリー搭載を可能にする為に
現物合わせで制作をしていきます。
DSC03791.jpgDSC03792.jpg


コックピットのメーター部分は、完成後には照明が点灯します。


そして、ターボインテーク部分のカスタムや


インテークターボ


底部のカスタム


DSC04167.jpg



そしてリベット加工


リベット



上部カバーの分割加工


上部カバー分割


上部カバーを、この分割方式へカスタム制作する事により
バッテリーの搭載やメンテナンス時にヘッド部分を外す事無く出来ます。


もちろん、Airwolfの最大の特徴でもあるノーズ形状は完全に再現していきます。
この複雑な流線型の形状は何度制作しても微妙なラインが難しいですね。

ノーズ





このAirwolf600sizeも塗装段階に入っております。

ルカスタムスケールヘリコプターのご依頼者には大変長く
完成を待って頂いておりますが皆さん

「待ちますよ~」

と暖かいメッセージを頂きますが
拘りを持ち妥協することなく制作を進め、少しでも早く完成し
お引渡しが出来るように休むことなく制作をしていきます。


そして最終的なお引渡し時に感動をお届け出来ればと思います。