2014.03.28     カテゴリ:  最新記事 

   Hajime Custom Airwolf 120

 Walkera社のV120DQ02ボディも残り数個となりました。

現在までに制作したAirwolf120は随時発送しております。



そして現在、制作待ちのV120DQ02です。


2014-03-27-5.jpg






そこで、ご希望もあり制作工程の記事を少し記載します。



そして・・・・
このページ最後に・・・

AIrwolf120sizeのお知らせがございますので是非ご覧ください。




それでは、制作完成までの工程の一部を紹介させて頂きます。


制作前のボディ


DSC02554.jpg



まずはフロントから制作していきます。

フロントのピトー管、給油口の部分が別パーツで同梱されている物もあれば
ご依頼者のボディの中には最初から接着されているボディもあります。


その場合、全て削って行きます。

DSC02570.jpgDSC02586.jpg
リューターでプラパーツ部分を大まかに削ります。その後、ヤスリで削り
DSC03059.jpgDSC03055.jpg
その後、ペーパーで綺麗に均していきます。綺麗に均した後でノーズ部分を丁寧に取り外します。
DSC03118.jpgDSC03121.jpg
フロント先端付近の形状を変更する為パテ成形をしていきます。先端部分はベースボディより丸みのあるスタイルへとカスタムしていきます。
DSC03123.jpgDSC03126.jpg
そして、フロント形状をカスタムして行く為に表面処理を繰り返し均して行きます。先端裏側のレーダー部分を制作していきます。そしてパテ成形と表面処理の繰り返し。




ここからヤスリの番手を変えながら綺麗に表面処理を繰り返して行き制作していた
ピトー管、空中給油口、ノーズを取りつけて行きます。

DSC03155_20140328175004da5.jpgDSC03153_20140328175008884.jpg
DSC03158.jpgDSC03464_201403281754419f9.jpg



ノーズ部分はパーツを取りつけた後で更にノーズラインを成形していきます。


下の写真がベースボディとフロントスタイルをカスタムした写真の比較です。




フロント形状比較




次は、マフラー部分です。


ベースボディのマフラーは接着されており外れません。
その為、内部から削り取り外して行きます。このボディにキズを付けたり亀裂を入れたり
出来ませんので、慎重に削って行きます。

DSC02544.jpgDSC02546.jpg
マフラー部分が接着されています。リューター等の道具で慎重に削って行きます。
DSC02556.jpgDSC02547.jpg
内部から削った後で外側から綺麗に削り直して行きます。元のマフラーを完全に取り外した状態です。
DSC02649.jpgDSC03734.jpg
パイプを斜めにカットし先端にかけて薄く削って行きます。そして、ベース塗装後にデザイン塗装を施し取り付けて完成です。



次に垂直水平尾翼のカスタムです。


ベースボディに接着されている水平尾翼を切断し残ったパーツ部分を削って行きます。

DSC02563.jpgDSC02584.jpg
ここでもリューターで大まかに削ります。そして、ヤスリで更に削って行き・・・
DSC02592.jpgDSC02674.jpg
パテを薄く塗り紙ヤスリの番手を変更しながら表面処理をします。リベットがありますので慎重に処理をし制作していた尾翼を取りつけて完成です。




下の写真はベースボディの水平尾翼とカスタムの比較です。


水平尾翼比較





垂直尾翼も同様に制作します。


垂直尾翼比較




この他にもパーツやカスタムはありますが、主だった制作の一部をご覧いただきました。





ここまで完成すると塗装に入ります。

DSC02926.jpg2014-02-28-1.jpg
まずホワイトベースを塗装します。そして、ウルフの綺麗なラインを作りながらマスキングをしていきます。
2014-02-28-2.jpgDSC03187.jpg
マスキングは丁寧に時間をかけて行います。マスキングが綺麗に完成したらブラック塗装です。




そして綺麗に塗り分けられ完成です。

DSC04780.jpgDSC04727.jpg






塗装後に制作したコックピットとウィンドウを加工します。


DSC03160.jpgDSC03459.jpg
制作中のコックピット部分メータパネルを貼り完成。
DSC03460.jpgDSC03462.jpg
全面から見たコックピット部分こちらは立体のポストハッチを取り付けています。



全ての工程が終了しカスタムエアーウルフ120は完成です。

記事に書くとあっという間ですが・・・・



FC2-1_20140328185243bd4.jpg


FC2-6_20140328185259ee4.jpg


FC2-2_20140328185245277.jpg


FC2-3_2014032818524619c.jpg


FC2-5_20140328185242794.jpg


FC2-4_201403281852484a9.jpg


FC2-7_20140328185300186.jpg


FC2-8_2014032818525712f.jpg


DSC05018.jpg


DSC05034.jpg


DSC05017.jpg



撮影に使用させて頂きましたエアーウルフはご依頼者の希望によりヘッド、テール含め
アルミパーツのオプションが組み込まれています。

そして、このエアーウルフにはテールスキッドがありません。
V120DQ02には針金のテールスキッド、V120DQ02Dには太いテールスキッドが
付いておりますがV120D02Sにはもちろんありませんしベースボディには入っていません。

そこで、マイクロヘリのカスタムパーツ制作で有名な「マイクロヘリ倶楽部様」から
V120D02Sに取付可能で尚且つ外観を損なわないテールスキッドパーツの企画、制作を
されていたらしくご提案頂きましたので取り付けました。



DSC05618.jpgDSC05619.jpg
DSC05620.jpgDSC05621_201403281904309f9.jpg


素晴らしいです。

今回は赤白塗装はしていませんが、それでもテールローターの保護になり外見を損なわない設計です。

ご依頼者も大変喜んで頂きました。

このパーツのご購入先は

「マイクロヘリ倶楽部」様へお問い合わせください。






そして、冒頭に記載しておりましたお知らせとは・・・

この度、Walkera社中国の業者様のご厚意でV120DQ02を3セットお譲り頂きました。


DSC05737.jpg


そこで、3セットのみHajime Custom Airwolf 120の
カスタム制作費、組立費、調整費を含め全てのセットで


特別価格で制作させて頂きます。

HAJIME-V120_2014032820144638c.jpg




3セットのみですのでご希望の方は以下のフォームからご依頼下さい。


メールボタンAIRWOLF120 


また、今回のセットの送信機はWK2603ですのでDEVO送信機をお持ちの方は
認識しませんので、ご依頼者お持ちのDEVO送信機でも認識しフライト可能な
「ファームウェアー+A7105モジュール」をマイクロヘリ倶楽部様
カスタムして頂けますのでご相談してみて下さい。

もしくは受信機をV120D02SDEVO用にされ所有のDEVO送信機
でフライトされるか同時にFutaba社モジュール取付て
フタバの送信機でフライトして下さい。

送信機をDEVOもしくはフタバにされる事によりフライト性能が変わります。
より飛ばし易く安定します。