2013.06.10     カテゴリ:  最新記事 

   IHF一宮ヘリフライヤーズ飛行場訪問記


こんにちは!Hajimefactoryです。

先日、お客様への引き渡しも含め岐阜の
IHF一宮ヘリフライヤーズ飛行場へお邪魔して来ました。



DSC08427.jpg 

この日はHajimefactoryの500sizeのデモ機を数機持参しました。

DSC08425.jpg




この日、晴天で非常に暑い日でしたがクラブ員さん10名位集まっており
皆さん真剣にF3Cの練習をされてました。


DSC08413.jpg 


そして、いま話題のDJI - PHANTOMが・・・

DSC08421.jpg 

DJI PHANTOMとDJIのクワッドコプターです。
所有者の方は、これ以外に業務用の高額なクワッドコプターをお持ちとの事。

知人のSHOPでもDJIのクワッドコプターを取り扱ってますので
何度か見た事があるのですが、DJI PHANTOMは何故か初です。

GoPRO搭載のDJI PHANTOMのフライト映像を見させて頂きましたが
非常に安定して振動も無く綺麗に撮影されてました。

実際にフライトを拝見すると・・・

DSC08418.jpg
小型ながら安定して飛んでます。
下側のLEDがカッコいいですね~!!


そして、ゴーホーム!!
元の場所まで静かに着陸・・・・

自分で高度を変更し元の場所へ戻る・・・時代の進化に感動です。


DSC08410.jpg 


DJI PHANTOMはスケールヘリの撮影に威力を発揮しそうです。


そして、IHF一宮ヘリフライヤーズの林会長と高間顧問がわざわざ時間を
空けて頂き飛行場までお越しになれました。

お二人が並んで話をされているところを撮影させて頂きましたが
何とも言えない笑顔です。見ている方が癒されるような笑顔ですね~!!


DSC08515.jpg 

RCヘリ先駆者の大先輩のお二人からスケールヘリやRCヘリの
貴重なアドバイスやノウハウ、助言頂きました。

一つのスケールヘリを制作する難しさなど制作者にしか分からない
苦労話などをさせて頂き多くの勇気も頂きました。




その後、当工房のスケールヘリの調整フライトです。

Hajimefactoryの制作チーフが調整フライト

DSC08432.jpg 


そして、林会長もフライト

DSC08468.jpg 



高間顧問にもフライトして頂きました。

DSC08488.jpg 



MH-60Kのホバリング


DSC08518.jpg 


高間顧問のフライト

DSC08528.jpg


晴天の非常に暑い中、長時間に渡り大変有意義な時間を共有させて頂きました。



また、この日アクシデントや不具合などもあり一つの課題もありましたが
一つの可能性もありました。


そして、飛行場を後にして、林会長のご自宅へお邪魔しまし、
会長の隠れ屋であり癒しの部屋へ潜入です。

そう、林会長の力作である大型スケールヘリBell430を拝見しに行きました。
このBell430は既にRCヘリ雑誌やホームページ、ブログ等に掲載
されてきておりますが、実物を拝見させて頂くのは初めてです。


DSC08538.jpg 


全長180㎝ 引き込み脚仕様、スタイル抜群のBell430です。

非常に綺麗に制作されてます。機体の搭載から調整まで大変多くの
課題がありましたが全て克服し初フライトをされたようです。

「スケールヘリはキャノピーを一つ付けるにも神経を使い
難しいね~」と制作の難しさや大変さをお聞きました。

しかし、その大変な思いをて多くの課題を克服し静かに中に浮いた時には
その苦労が吹き飛ぶ程の感動があると思います。

まさしくRCヘリコプターには感動と興奮があり
スケールヘリコプターには夢と希望があります。


DSC08543.jpg 

林会長のBell430のフライト映像です。撮影:一宮ヘリフライヤーズ





部屋の上には・・・林会長のヘリが・・・

DSC08548.jpg 

このボディも全て林会長作です。一番左は機体も自作の機体です。

このヘリで数々のF3C演技をされたきたのだと思います。 



部屋に写真が・・・




AH-1Wの写真・・・






そう・・・高間顧問の力作である大型スケールヘリAH-1Wです。 





DSC08555.jpgDSC08558.jpg




AH-1Wのボディからフレームに至るまで全てオリジナルの自作です。
全長180センチ強の大型スケールヘリで一年半もかけて制作された
最高のスーパーコブラです。

いや~!!素晴らしい!!
ボディの形状、スタイル、バランス、ペイント、スキッド、全ての完成度が
素晴らしいです。まさしく最高のAH-1Wだと思います。

そしてフライトも素晴らしい!!




2012航空ページェントでのフライト映像です。撮影:大須ホビープラザさん




どんなに素晴らしいスケールボディを制作しても
フライトがそのスケールの完成度と同じ素晴らしいフライトが
出来ないとラジコンスケールヘリでは無い・・・と高間顧問が
言われてましたが、まさしくその通りですね。


「実機感とフライト特性その両方が重なり RCスケールモデルとしての、存在がある。

と改めて思います。

スケールボディはHajimefactory制作、中の機体は高間顧問制作という
コラボ的なワンオフのスケールヘリを制作してみたいですね。


この後、林会長の部屋を出て、林会長、お客様のTさん、
当工房の制作チーフと私と4人で近くの喫茶店に行きヘリ談義をさせて頂きました。


DSC08559.jpg



この日、長時間に渡りお時間を頂き、ありがとうございました。

林会長、高間顧問、Tさんをはじめ一宮ヘリフライヤーズの皆さん
楽しい時間の共有本当にありがとうございました。



また、是非、遊びに来させて頂きたいと思います。













 








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)