2013.05.03     カテゴリ:  最新記事 

   新工房オープン間近!

こんにちは。Hajimefactoryです。


記事更新の時間が取れておりません・・・
記事は沢山あるのですが、更新作業の時間が取れず・・すみません。


今回の記事は、Hajime-factoryの工房が兵庫県に移転し新たに新工房になります。
新工房は、約50坪の広さで制作体制、設備体制も強化します。 



社屋  


広さも十分な専用の塗装、乾燥ブース・制作ブース・精密加工ブース・
組立組込ブースなどを強化し今まで以上に制作の効率化をしていきます。


また、従来、カスタムスケールヘリのパーツは殆どハンドメイドで制作していましたが
新工房移転に伴いレーザー加工・CNCフライス盤・成形加工機など様々な
加工機を強化し、より精度と精密なパーツ制作も可能になります。


ただし、主要なパーツやFRP成形パーツは、もちろん手作業になります。
パーツの中でも制作者の手でしか出せない形状や拘りのあるパーツは
全て人の手で作り上げます。


また、新工房のもう一つの強化はテストフライトが可能な飛行エリアの確保です。
新工房の横にテストフライトには十分な広さの専用飛行エリアを確保出来出来ました。
RCヘリの制作や調整には、欠かせない飛行エリアですが、大阪工房では、
専用のフライトエリアまで少し距離がありましたので、ちょっとしたテストフライト
(振動確認や調整など)であってもフライトクラブの飛行場に行くようになります。


工房の横に専用の飛行エリアがある事により、より密度の濃い調整が可能になります。
スケールヘリは、機体のみで振動が全く無くてもスケールボディのタイプや
強度、形状などにより微振動が出る事があります。
スケールヘリにとってホバリングの安定性と振動の少ない綺麗な浮きは、
安心感や見た目も含め重要な部分ですのでお客様のスケールヘリの調整が
より的確により正確に出来るのが新工房の大きな強化です。


そして、打ち合わせブースやオフィスもあります。
新工房にもオフィスはありますが大阪オフィスも、そのまま所在します
ので、大阪にお越しの際はご連絡下さい。


今回、Hajime-factory新工房オープンに伴い、多くのお客様の応援と
関係者の方々のご協力や地主さんのご厚意があったからこそ新工房移転が実現し
スケールヘリ専門工房としての設備体制や制作体制の強化が
可能になりました。 本当にありがとうございます。


これからも、今まで以上に国内外の多くのお客様のご依頼を受けれる体制と
お客様の拘りあるスケールヘリを制作出来る制作強化、設備強化で
Hajime-factoryとして、より本物のスケールヘリを制作していきたいと思います。


現在、移転準備中です。
制作予約も多くありますので一日でも制作をストップする訳には、いきません。
その為、新工房での移転後、直ぐに制作開始が出来るよう移転準備中です。


また、移転が完了し落ち着きましたら改めて新工房の紹介記事を書きたいと思います。


宜しくお願いします。











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
新工房完成、おめでとう御座います。
ちょくちょくブログを拝見させて頂いています。
これからも(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-と感激するスケールヘリの完成を楽しみにしています!!
工房完成いたしましたら、是非お願いしたいスケールボーディーを製作依頼を希望します。希望するスケールボディーは、JR製品のGSR260スポーツにジェットレンジャー206をのせたいのですが製作可能でしょうか?