全1ページ

2013.05.24     カテゴリ:  最新記事 

   特集 Vario Schweizer 300C 制作記事

こんにちは。Hajime-factoryです。

今回の記事は、Vario Schweizer 300Cの制作記事です。
前回、記事として掲載後に複数の方から、Vario Schweizer 300Cの
詳細記事(制作工程)を掲載して欲しいというメッセージを頂きました。

依頼者の方へ確認を取り了承を頂きましたので制作工程の一部を記事
として掲載していきます。

一部のスケールヘリは記録として制作中の状態を撮影しておりますので
Vario Schweizer 300C の制作工程を一部、記事として掲載していきます。

依頼者からお預かりした時の写真です。

DSC06721-1_20130524211840.jpgDSC06717-1_20130524211839.jpg
DSC06726.jpgDSC06735.jpg


バリオ社のボディは殆ど無加工(窓開け無し)ですが、お預かりした
Vario Schweizer 300Cは依頼者の方で窓開け加工、フレーム組立まで
されている状態でお預かりました。


Vario Schweizer 300C箱開け状態

箱開け状態 


バリオ社のボディは他社ブランドに比べFRPの作りは良くグラスや樹脂
制作もしっかりしており剛性もあります。

今回のVario Schweizer 300Cの依頼者の方は複数のスケールヘリ
を所有されておりますが仕事が多忙で2年程、制作途中のまま保管状態でした。

依頼者にとって、このSchweizer 300は一つの思い入れのあるヘリとの事で
Hajime-factoryとしても、その思い入れで制作をしていきたいと思います。

 1024804_20130524211758.jpg 
 ※写真は制作をするSchweizer 300Cのデザインとは異なります。


実機ヘリの臨場感を出しつつ模型ヘリとしての見応えと
RCヘリとしての完成度を求めていきます。

Schweizer 300Cのボディ部分はコクピット(操縦席)部分がメインになります。

1024790_20130524211757.jpg

その他の部分はパイプ系でシンプルな構造です。
そのシンプルな構造で、いかに実機の質感を制作するかが基本になります。

94957_1222592326_20130524211755.jpg 


 

ボディ部分の窓あけ加工は終了していますので
まずは、つなぎ目の修正とリベットから制作していきます。

下の画像は燃料タンクやボディ等のつなぎ目を修正パテを塗り
乾燥後、綺麗に慣らして行きます。
Vario社等のスケールボディは加工されていない状態ですので
全てスケールボディやパーツには、つなぎ目(合わせ目)等があります
ので制作に入る前に全て修正します。


CIMG0817.jpg



下の写真は尾翼の部分です。
実機の詳細写真を参考にリベット加工していきます。
リベットの間隔や大きさ等も出来るだけ忠実に再現していきます。


尾翼リベット加工 



テールパイプ部分のリベット加工

テールリベット加工 



上の黒いパーツは下の写真の部分です。

名称未設定-1 



ボディ部分のリベットです。
Schweizer 300Cは他のスケールヘリに比べ目立つリベットは少ないです。


CIMG0836.jpg 


ドアの部分の写真になりますが歪みがあります。
裏はカーボン加工されてますがドアガラスの部分は大きく穴が
開いてますので経年によりFRPの歪みが発生します。
その歪みを修正しドアの角の部分とボディ部分がしっかり合うように
修正していきます。

CIMG0831-1.jpg 



ドアとボディ側に小型の強力マグネットを2か所埋め込み
ドアの開閉が安易に出来るように加工してますが、通常の振動やフライト時
にドアが開く事は無いように加工してます。

ドアマグネット加工

実機の場合、操縦性の後ろには燃料タンクがあります。
その燃料タンクの部分には、燃料を入れる給油口がありますので
その、給油口を制作してます。

燃料タンク加工-1


床材加工。Schweizer 300Cの床材は、基本的にすべり止め効果の
あるラバー材が多いですが種類は様々です。
今回は、目の細かい形状を再現しました。

木製の床板に目の細かいすべり止め風のシートで床板を
包むように貼り付けてます。

床シート加工

コクピットのメーター部分です。
純正OPパーツの形状は実機と多少違いますので
形状変更の為スクラッチで制作です。

素材はバルサなども良いのですが細かな形状再現の為に
プラ材で制作してます。

コックピットメーターベース 




次回は、コクピット内部の加工の記事をUPしていきます。














2013.05.21     カテゴリ:  最新記事 

   CNC加工オリジナルカスタムパーツ

こんにちは。Hajimefactoryです。

今回の記事は、CNCフライス盤でのカスタムパーツ制作です。

現在、ご依頼のEC-145の軍用機であるUH-72A Lakota 500sizeを制作中ですが、
EC145も含めロックラッチの制作は600size以下は従来、アルミ素材を使い
ハンドメイドで制作 していました。非常に小さなパーツですので形状再現には限界
がありました。 その為、細長い形状のロックラッチで再現してました。 


DSC03288.jpg

EC145の本来のロックラッチの形状は下の写真のような形状をしています。

7900859694_da7b06c180_o.jpg7900851734_5099572f5b_o.jpg

4973664489_a7b599143f_o.jpgF-ZBPH_-_EC-145_-_Securite_.jpg




今回、新工房移転に伴い各種精密加工機器導入により実機同様の
パーツ加工が可能になります。

CADで実機の形状を確認し図面を書きます。 

DSC08055-900_20130521235203.jpg  


そして、CNCフライス盤のCPの方へデーターを移動し加工していきます。

DSC08044-900.jpg 


そして完成したカスタムパーツのロックラッチです。


CIMG0882-900.jpg 


アルミ板で6mmや8mm程度のパーツで形状や穴加工また複数制作
するには手作業では限界がありましたが、これで形状に拘った様々な
オリジナルパーツの制作が可能になります。

Bell222やエアーウルフのロックラッチも質感や形状に拘りを持ち制作
出来ますので、より実機感のあるディテールが可能です。

Steve-Stull-MockUp-308.jpg 

現在、いろいろな材質で加工テストをしてます。


また、航空機の給油口も今後、アルミの削りだし加工で制作する事により
今まで以上のカスタマイズスケールヘリの制作が可能になります。


Steve-Stull-MockUp-315.jpg 



航空機給油口のCAD図面の画面です。このCAD図面での作業に時間が掛かります。


DSC08073-900.jpg 



三つのパーツで構成しますので、それぞれのパーツごとにCNCフライス盤への
指令を出す為に選択していきます。


DSC08068-900.jpg 



下の写真が加工直後の給油口パーツです。
この給油口は通常のアルミ素材では無くジュラルミン素材を使用しています。

DSC08099-900.jpg 



下の写真は、各パーツを組み合わせた写真です。

DSC08109-1200.jpg 



そして、赤の色入れです。

DSC08109--2.jpg 



最終的に〇の部分にはネジ頭のパーツが入ります。
ネジの部分はイメージですので、最終的には変更の可能性はあります。

DSC08109-900-1.jpg  




メインのパーツは今まで通り制作者の手によって加工していきますが
人の手では難しい形状と量の制作が出来ますので、ご依頼者のご要望に応える
事が出来るカスタマイズスケールヘリの更なるクオリティと実機同様の
カスタマイズスケールヘリコプターを制作していきたいと思います。








2013.05.20     カテゴリ:  最新記事 

   UH-1N Twin Huey 調整フライト&フロント形状変更

こんにちは。Hajime-factoryです。
相変わらず記事の更新が遅れております・・・・

今回は、Hajime-factoryのカスタムヘリの中でも依頼の多いUH-1Nの記事です。

先日、完成した納品前のUH-1Nの調整フライト動画です。
このUH-1Nは、海外のご依頼者へ発送です。





海外の方へは必ず調整動画を撮影しご覧頂いた上で発送となります。
国内の方でもご要望により動画撮影を見て頂いてから発送させて頂くケースも
多いですが、クローズをご希望のお客様も多いのでYoutube動画は
「限定公開」で見て頂いています。

海外のご依頼者の方とは詳細な打ち合わせが出来ない事が多いので殆ど
サイト掲載のヘリを全く同じカスタム内容、完成度でのご依頼になります。
機体Noも何故か同じNoが多いです・・・もしかしたら上手く伝わっていないかも・・・

そして、今回ご依頼頂いたお客様は国内の方(福島県)ですので打ち合わせで
フロントの部分を実機に近い形状ご希望のご依頼です。

ノーマルボディのフロントは実機に比べフロントが薄いのと中央にかけての
盛り上がりが無いので、この部分を出来るだけ実機同様の形状へ変更していきます。

下の画像は実機とHajime-factoryのUH-1Nの画像になります。
フロント部分の形状が違います。

UH-1Nノーズ形状実機比較画像


下の画像は、完成形状予定写真です。
フロントを切断しスクラッチ制作した(FRP)フロントを元のボディと合わせて行きます。
 
UH-1Nノーズ形状変更画像


そして、下の画像が現在、制作中のUH-1Nになります。


UH-1Nノーズ加工


UH-1N(UH-1)の特徴でもあるフロントの部分を変更する事により、
実機に近いカスタマイズが可能です。
このUH-1Nのご依頼者のご希望でのカスタムですが今まで違った、より実機に
近いカスタムUH-1Nになると思います。

ご依頼者の方も楽しみにして頂いておりますがHajime-factoryも完成が楽しみです。

何度同じカスタムスケールヘリを制作しても毎回、完成が楽しみです。

現在、制作依頼の予約が多く完成までお待たせしておりますが、
ご依頼のお客様は皆さん「ゆっくりで良いので頑張って下さい」
と暖かい言葉を頂きます。感謝です。







2013.05.05     カテゴリ:  最新記事 

   Q&A 「カスタムスケールヘリのパーツは全てオリジナルパーツですか?」

こんにちは。Hajimefactoryです。

制作依頼の方で、このようなご質問がありました。
「カスタムスケールヘリのパーツは全てオリジナルパーツですか?」
このご質問に対してお答えさせて頂きましたのでQ&Aに詳細を追加します。

Hajimefactoryが制作するスケールヘリは基本的に全てオリジナル制作です。

スケールヘリのカスタムパーツやグレードアップパーツはバリオ社などの
BIGスケールには、各社カスタムパーツ工房などの会社から
数百点ものカスタムパーツが発売されています。

販売されている1/8~1/6サイズのパーツの一例

スケールパーツ-1 
 

ちょっとしたアンテナやワイヤーカッター、給油口、ヒンジなどの
小物パーツから やコクピット、ウィンチ、といった精密なスケールパーツまであります。


販売されている1/8~1/6サイズのパーツの一例

スケールパーツ-2 




中には液晶や稼働メーター使った実機同様のコクピットもあります。

スケールパーツ-3

スケールタイプによって専用パーツなど様々なパーツがあります。
価格も数千円から数十万、100万近いパーツもあります。
BIGスケールを制作する上でOPパーツやアップグレードパーツ無くして
完成無しと言うのもBIGスケールです。



しかし、500size、30/550size、50/600sizeなどのカスタムパーツは殆どありません。 
その為、上記サイズのスケールヘリのカスタムパーツ全てオリジナル制作になります。
 



EC145のボディの制作途中の写真です。
元のボディと比較し白い部分がカスタムパーツになります。

制作途中の写真ですのでこの後も、パーツ加工が多くあります。


DSC01661-1.jpgDSC01661.jpg


ノーマルボディについているパーツであっても形状やディテール的に
問題があれば全てオリジナルで制作します。

同じ箇所に同じようなパーツがあるので完成後は比べてみないと
分からない部分は多いですが、どのような小さな所でも
可能な限り正確にカスタムしていきます。
 

カスタムスケールヘリを制作する場合は、説明にも記載していないような
部分まで手が加えられてる箇所は、かなりあります。

このちょっとしたパーツ制作やディテール的に精密なパーツがあるからこそ
Hajimefactoryのスケールヘリのスタイル、ディテール的に
トータルバランスの優れた実機に近いスケールヘリになります。


UH-1のワイヤーカッター、ピトー管、ワイパー、アンテナなどの写真です。
このワイヤーやその他パーツも全て実機の形状を可能な限り忠実に制作しています。

DSC06014.jpgDSC06100.jpg

DSC09404_20130507231850.jpgDSC09361_20130507231609.jpg


サーチライトや武装関係、シートや小物パーツに至るまで
全てオリジナルのカスタムパーツになります。

EC-145-1.jpgDSC09395_20130507231836.jpg



MH-60Kの制作中写真になります。

テール尾翼のパーツです。

MH-60K-テール尾翼

ノーマルボディのテール尾翼はUH-60の初期タイプの形状ですので
MH-60Kとは形状が違います。その為、テール尾翼を全てスクラッチ制作します。

また、形状も全て実機同様に再現する為、1㎝程度の長さの整流版も一本一本
加工し棒状の先端を丸くするという時間と手間が掛かる部分ですが、この水平尾翼
の形状、整流板の形状と配列の再現性はブラックホークには欠かせない部分です。



ノーズの部分です。


MH-60ノーズ 


一番左側の写真がノーマルボディです。
MH-60KやMH-60Lなどは先端に特徴があります。特にMH-60Kの先端部分は特徴的で
パーツも多く形状も複雑です。その形状、パーツ全て再現していきます。
ボディ形状も変更しFRPやプラ材やレジンなども使用し成形します。

このノーズの部分のパーツ制作だけでも相当な時間を要します。
各パーツは実機写真やデーター資料を元に可能な限り忠実に制作していきます。
小さなパーツから大きなパーツまで数10種類のパーツをスクラッチ制作します。

また、場合によってはウィンドなどの透明パーツも元の型を作り成形機で作り上げます。



コクピットのチェアーです。


MH-60K-チェアー-2 


カスタム制作の中には、コクピットを全てスクラッチ制作する場合もあります。
このMH-60Kは、ノーマルボディにコクピット部分も付属していますが、ダッシュボードの
形状やチェアーなどは実機とは違います。これだけで全体的な雰囲気変わりますので
チェアーも実機と同じような形状で制作していきます。もちろん、防弾壁も制作しています。


MH-60Kはフルスクラッチとフルカスタムの集大成のようなスケールヘリです。
元のノーマルボディ形状までも変更していますのである意味、フルスクラッチに近い
カスタムスケールヘリで、Hajime-factoryのスケールヘリの中でも特に、このMH-60K
は海外も含めて大変大きな絶賛を頂きました。


様々なパーツと加工そしてペイントワークを施し完成したのが下の写真です。

MH-60K-全体 

ノーマルボディと比較して頂ければ分かりますが、写真では分かりにくいパーツも含めると
100点以上のスクラッチパーツで制作されています。ボディ形状の変更や加工も含めと
ノーマルボディはある意味ベースのみとして使用されています。



また、フルスクラッチでコクピット全体を制作する場合もあります。

下の写真はAH-6のコクピットです。

写真 2012-11-10 21 17 39DSC9733D-E.jpg

コクピット全体をフルスクラッチで制作します。

実際のボディの形状に合わせ制作していきます。

そして、機体が中に入りますので、その機体の位置も含め設計をします。
メーター類も制作し加工すると、実機です。

DSC09733D-S_20130508144607.jpgDSC09739D-L_20130508144614.jpg


カスタムパーツや制作の一部をご覧頂きましたが
Hajime-factoryのカスタマイズスケールヘリの、
殆どはオリジナルのスクラッチパーツになります。




また、RCスケールヘリは、観賞用の模型ではありませんので
ボディ剛性や補強は欠かせないカスタマイズの一部です。



下の写真はMH-60Lのボディ補強している作業中の写真です。 


MH-60K-床 
 

機体の土台となる床の部分に板を貼りボディとの段差を無くすために加工しています。
ノーマルボディの床材は弱く機体を支えるには不安定です。また、ボディとの段差もあり
見た目も良くないので、剛性を出す為の補強も兼ねて床材を制作します。

こう言った補強の加工はどのスケールボディにも施されます。
実際に機体を組み込んでみて、剛性を確認し、テストフライトをして振動の原因や
補強を行っていきます。説明に無い、目に見えないような部分の加工は多く、
その加工一つ一つに拘りを持ち制作していく事でRCスケールヘリとしてトータルバランス
が優れたカスタマイズスケールヘリコプターになります。


Hajime-factoryの制作の一部分ですが紹介させて頂きました。





2013.05.03     カテゴリ:  最新記事 

   新工房オープン間近!

こんにちは。Hajimefactoryです。


記事更新の時間が取れておりません・・・
記事は沢山あるのですが、更新作業の時間が取れず・・すみません。


今回の記事は、Hajime-factoryの工房が兵庫県に移転し新たに新工房になります。
新工房は、約50坪の広さで制作体制、設備体制も強化します。 



社屋  


広さも十分な専用の塗装、乾燥ブース・制作ブース・精密加工ブース・
組立組込ブースなどを強化し今まで以上に制作の効率化をしていきます。


また、従来、カスタムスケールヘリのパーツは殆どハンドメイドで制作していましたが
新工房移転に伴いレーザー加工・CNCフライス盤・成形加工機など様々な
加工機を強化し、より精度と精密なパーツ制作も可能になります。


ただし、主要なパーツやFRP成形パーツは、もちろん手作業になります。
パーツの中でも制作者の手でしか出せない形状や拘りのあるパーツは
全て人の手で作り上げます。


また、新工房のもう一つの強化はテストフライトが可能な飛行エリアの確保です。
新工房の横にテストフライトには十分な広さの専用飛行エリアを確保出来出来ました。
RCヘリの制作や調整には、欠かせない飛行エリアですが、大阪工房では、
専用のフライトエリアまで少し距離がありましたので、ちょっとしたテストフライト
(振動確認や調整など)であってもフライトクラブの飛行場に行くようになります。


工房の横に専用の飛行エリアがある事により、より密度の濃い調整が可能になります。
スケールヘリは、機体のみで振動が全く無くてもスケールボディのタイプや
強度、形状などにより微振動が出る事があります。
スケールヘリにとってホバリングの安定性と振動の少ない綺麗な浮きは、
安心感や見た目も含め重要な部分ですのでお客様のスケールヘリの調整が
より的確により正確に出来るのが新工房の大きな強化です。


そして、打ち合わせブースやオフィスもあります。
新工房にもオフィスはありますが大阪オフィスも、そのまま所在します
ので、大阪にお越しの際はご連絡下さい。


今回、Hajime-factory新工房オープンに伴い、多くのお客様の応援と
関係者の方々のご協力や地主さんのご厚意があったからこそ新工房移転が実現し
スケールヘリ専門工房としての設備体制や制作体制の強化が
可能になりました。 本当にありがとうございます。


これからも、今まで以上に国内外の多くのお客様のご依頼を受けれる体制と
お客様の拘りあるスケールヘリを制作出来る制作強化、設備強化で
Hajime-factoryとして、より本物のスケールヘリを制作していきたいと思います。


現在、移転準備中です。
制作予約も多くありますので一日でも制作をストップする訳には、いきません。
その為、新工房での移転後、直ぐに制作開始が出来るよう移転準備中です。


また、移転が完了し落ち着きましたら改めて新工房の紹介記事を書きたいと思います。


宜しくお願いします。