全1ページ

2013.02.23     カテゴリ:  最新記事 

   T-rex500 600 700 同じスケールヘリの大・中・小依頼

こんにちは。Hajime-factoryです。


先日、オフィスにT-rex500が2機、T-rex600が1機

T-rex700が1機送られてきました・・・

全て同じお客様からです。




2013022036.jpg 



T-rex500:組み立て、フライト調整依頼。

T-rex500:スケールヘリの機体用です。

T-rex600:スケールヘリの機体用です。

T-rex700:スケールヘリの機体用です。



T-rex5001機は、そのままフライト用の機体として組み立て、フライト調整です。

その他は全てカスタマイズスケールヘリの機体になります。

T-rex500~700まで同じ種類のスケールヘリで大・中・小と飛ばされるようです。

お1人のお客様が同じ種類のスケールヘリで大きさの違う

ボディ制作を一度に3機の依頼は初めてなので記事にしてみました・・・^_^;

リピートを頂けるお客様は多いのですが、

殆どのお客様は違う種類のスケールヘリが多いですが

同じスケール・ヘリを3機、しかも大・中・小というのは初ですね。

お客様は「好きなんですよ」って一言(^^)

ある意味、Hajime-factoryも気合が入ります!





そして・・・・

何故か・・・送信機も3台・・・



201302202049.jpg








2013.02.23     カテゴリ:  AH-1S 

   JGSDF AH-1S Cobra One-off fiberglass scale heli RC 500size

JGSDF AH-1S Cobra


日本の軍用ヘリコプター 




AH-1Sは、通称『コブラ』で知られる対戦車ヘリコプターで、原型はアメリカの
ベル社が汎用ヘリの傑作機であるUH-1をベースに1965年に開発して
アメリカ陸軍が採用したものである。



AH-1S実機1  Photo:くろねこ三等兵さん




陸上自衛隊は、開隊間もない頃からヘリコプターの装備化を進めてきた。
運用研究も盛んに行われ、ヘリが持つ能力を最大限に引き出す努力を続けてきた。
そして、1984年にベル AH-1S「コブラ」攻撃ヘリの配備を開始した事で、
陸上自衛隊ヘリ部隊は、それまでの後方支援的な勢力から、
積極的な攻撃部隊へと変貌を遂げた。

陸上自衛隊のAH-1Sは対戦車戦闘をはじめ、
ロケット弾や機関砲を使った地上攻撃など、
陸上自衛隊を空から密接に支援する任務を持つ。また、その機動力を活かして、
陸上部隊に先んじて敵勢力を攻撃する任務もこなすことができる。 





映像提供:chippydesuさん


AH-1S実機2  Photo:くろねこ三等兵さん



機首下に3銃身20mm機関砲を備えているほか、胴体横のウィングス
パンに吊り下げる形で19発入の70mmロケット弾発射機、対戦車ミサイル
T OW(通称『トウ』)発射機を搭載できる。これらのウィングスパンに搭載する
ロケット弾発射機とTOW発射機はウィングスパンの片側に2カ所ある吊り下げ
箇所に任意で搭載することができ、全く搭載しない状態やすべてロケット弾発射
機を搭載する状態など任務に応じて武装を変えることができる。





映像提供:chippydesuさん




AH-1S実機3
写真提供:くろねこ三等兵さん





JGSDF AH-1S Cobra
Hajime-factory  One-off fiberglass scale heli
RC 500size



各部名称 




AH-1S実機比較1 




陸上自衛隊 AH-1S コブラの完成です。
今回のAH-1Sボディはグラスファイバー製の
ワンオフ制作のボディになります。

今回も膨大な数の写真や資料を元に
ボディ形状、各部パーツ、武器武装、塗装含め実機同様の再現をしました。
 

制作にあたりAH-1Sフライト写真提供を頂いた「くろねこ三等兵さん」
AH-1S各部詳細写真提供を頂いた「かさがたやまんさん」
に感謝します。



DSC03882.jpg
DSC03950.jpgDSC03946.jpg



日本の自衛隊独特の迷彩カラーの色合や迷彩パターンにも
拘り可能な限り忠実に再現しています。
迷彩カラーは、天候や場所、昼夜により色合いが多少違うように見えます。

また、自衛隊の迷彩カラーは、機種によっても多少違いがありますが、
迷彩パターンを一緒です。


 
DSC03893.jpg
DSC03896.jpgDSC03955.jpg



 
DSC04001.jpg
DSC03970.jpgDSC04025.jpg



テストフライト映像です。
500クラスのヘリとは思えない重量感と大きさに感じましす。
撮影当日は、多少風が強かったのですがAH-1Sのボディ形状
は、風の影響も少なくストレートの走りはスケールヘリとは思えない
ほど非常にスピードが乗ります。




※映像のタイトル文字がJDSGFになってます・・・正しくはJGSDF( Japan Ground Self-Defense Force)です。



映像では分かりにくいですが、ジャイロセッティング、送信機セッティング含め
まだ調整段階ですので多少、フライトに影響しています。

ここから、更にスケールヘリ本来の安定性とフライトセッティングを煮詰めていきます。





写真のスライドショー映像







DSC04015.jpgDSC04017.jpgDSC04042.jpg



フライトしている姿は、まさに陸上自衛隊AH-1S 実機です。
フィギュア効果も大きいです。





スタジオ撮影


DSC04095.jpg


DSC04210.jpg

DSC04119.jpgDSC04159.jpg


TOW対戦車ミサイルランチャーもフルスクラッチで忠実に制作してます。
陸上自衛隊のAH-1Sは通称 Tow Cobraと呼ばれるのが、
このTOW対戦車ミサイルランチャーの名称です。



DSC04202_20130223133640.jpg

DSC04228.jpgDSC04239.jpg



DSC04110.jpg

DSC04234.jpgDSC04248.jpg


AN/APR-39 レーダー警報アンテナ、尾部航法灯、VOR受信アンテナも再現。




DSC04228.jpg

DSC04255.jpgDSC04262.jpg


今回は、フィギュアを搭載してみました。
このAH-1Sは等にコクピットが目立つのでフィギュアの効果が高く
臨場感があります。

特にフライトのホバリング時には、フィギュア効果は抜群で臨場感が抜群でした。



DSC04222.jpg

DSC04174.jpgDSC04169.jpgDSC04176.jpg


M197 20mm機関砲とTSUも忠実に再現しフルスクラッチで制作。
自動稼働にはしていませんが、稼働可能です。








LED電飾

DSC04286.jpgDSC04275.jpg



下の写真は、T-rex600との大きさの比較です。
AH-1Sは500クラスですが、大きさはT-rex600と、ほぼ一緒です。

ローターは430mmがついていますが470mmローターも取付可能ですので
次回、470mmローターでテストしてみたいと思います。
浮きがかなり変わると思います。



T-rex600比較 



機体やジャイロ調整などのセッティングは、まだ、これから詰めていきます。


今回の陸上自衛隊 AH-1Sの制作で、今後、日本の陸上自衛隊ヘリ
シリーズの制作をしてみたいですね。




















2013.02.20     カテゴリ:  最新記事 

   埼玉県のお客様から頂いたメール

埼玉県のA.K様から頂いたメールです。

現在、ご依頼中にも関わらず大変光栄なメールを先日頂きました。

Hajime-factoryには、国内、海外のお客様から完成後に、
いつも感謝や激励のメールを多く頂きます。
お客様からのメールは本当に、ありがたく光栄であり活力を頂きます。


このメールは先日から電話やメールで打ち合わせをさせて頂いている
お客様からのメールです。
メール文章の一部に数か所、個人名が入っている部分を変更
している以外全て、そのまま掲載させて頂いております。

もちろん、A.Kさんの許可を頂き掲載しております。 



A・K様からのメール 



このメールの内容は私どもhajime-factoryスタッフにとりまして
大変嬉しく光栄ですが、このお言葉に恥じないようプロショップとして
精進していかなければと思います。

スケールヘリコプターの上限や限界は無くパーツ、材質、スタイル、
塗装、形成など徹底したカスタマイズも可能ですので、
中には大型のスケールヘリを1年間に渡り
カスタマイズ計画をされるご依頼のお客様もいらっしゃいます。
予算的な事も含めて、3回~4回に分けて完成させていく事を
希望されるお客様もいます。

車のカスタムで言えば、今月は足回りだけ、来月はエンジン、
再来月はボディ、そして次はエアロパーツ、というように
段階的にカスタムし最高クラスのスケールヘリコプターを
完成させる事もあります。
 

お客様の言葉で一番多いのは「出会えて良かった」です。

この言葉が私たちの一番の報酬かもしれません。
スケールヘリコプターを通じ「お客様の夢や希望を叶える存在でありたい」
という一つの理念があります。

スケールヘリコプターは見ているだけで嬉しい・・・
浮いているだけで楽しい・・・
飛ばして感動する・・・
そして、RCヘリコプターは爽快に安心して飛ばす・・・

この事を伝えて行ける存在でもありたいと思います。 





 





2013.02.19     カテゴリ:  最新記事 

   hajime-factory Airwolf turbo duct original LED system test

こんにちは。Hajime-factoryです。

依頼者からのご要望もあり、
エアーウルフのターボダクト用アフタバナータイプLEDシステムを
日本の専門業者に依頼し製作しました。

非常に臨場感のある本物のアフタバナーのようなLEDシステムに仕上がってます。
ICシステム、LEDも高品質な物を使ってます。

非常に明るく昼間でも十分見えます。
ムービーで見るより実際に見た方がより本物の炎のような 感じで、
制作者には何度か作り直しをして頂き納得出来るLEDシステムが完成しました。

エアーウルフの450サイズ~700サイズまで製作可能です。
Hajimefactory Basic Customize Heli Airwolf
オプションパーツとしてラインナップ予定です。



テストに使用しているエアーウルフボディはヒロボー製90サイズのボディです。
ムービーでも非常に眩しいのでお気を付け下さい、







2013.02.12     カテゴリ:  最新記事 

   AH-1S 500 size 陸上自衛隊仕様 調整

こんにちは。Hajiemfactoryです。

ワンオフスケールボディ AH-1Sのボディ成形、加工は90%完成し
機体を入れてのフライトテストをしました。

ボディは、まだ未完成でサフ状態です。
ここから、細かな修正や加工をしていきます。

写真-15 (2)写真-06


ボディの剛性や強度、機体とボディの接合強度、振動などを含めたフライトテストです。


写真-39


テスト結果は上々で、気になる振動も無く安定したホバリングが可能でしたので、
スポーツフライトへ進み負担をかけたフライトをしましたが、
ボディ強度や剛性も問題無くしっかりとしたフライトでした。

写真-20

フライトテストは、ホバリング、スポーツフライト、
ピッチの負担をかけたバンク旋回、急上昇とストップなどを繰り返しましたが、
機体とボディのぶれも無く問題ありませんでした。


写真-31

機体とボディのテストがOKでしたので、
ボディ修正、加工を施し塗装、マーキングへと進んで行きます。

次回は完成したAH-1Sの勇姿をご紹介出来ると思います。

写真-04





2013.02.03     カテゴリ:  最新記事 

   ユーローコプターEC145 完成で依頼者の方とフライトしました。



依頼のカスタマイズ ユーローコプターEC145スケールヘリPOLICE仕様の制作、調整、テストが完了しました。 

EC145の依頼が3機あります。

METROPOLITAN POLICE EC-145

UH-72A ラコタ
Sécurité Civile EC-145

UH-72A ラコタとSécurité Civile EC-145は完成後、ドイツへと飛んで行きます。
 この2機の後、数日で完成します。

そして、先日、POLICE仕様のEC145のお客様(依頼者)が遠路はるばる300キロ以上
車で走って受け取りに来られました。



DSC03045-1-900.jpg  
 
右が依頼者のEC145で左がHajimefactoryの同時制作した同じタイプのEC145です。

お客様の送信機で機体調整なども含めご一緒にフライトしました。

大阪に到着後、すぐに移動し実際に完成したEC145を見て頂きました。

大変、感動頂き「素晴らしい・・・言葉がないわ」と笑顔で喜んで頂け
本当に良かったです。

遠路がるばるお越しになられたので、色々と話をさせて頂き、その後機体調整やデーター設定も
含め一緒にフライトを楽しみました。

その時の映像を許可を頂き撮影しまた。
下の映像は、3フライト目の映像です。
※フライト歴1年と記載してますがスケールヘリ歴一年でした^_^;
それでも、ヘリ歴はまだ2年ちょっとだそうです。







今回のEC145は安定性とフライトし易さは抜群で依頼者の方も、その安定性とフライト特性には
驚かれてました。とにかく、飛ばしやすい、安定していると絶賛で持ってこられたバッテリーを
全て消化されました。

4枚ヘッドの加工とボディバランスと補強が、その安定性の基本となっています。

同じ制作とセッティングをしているHajimeFactoryの同タイプEC145も全く同じ出来上がりです。

Hajimefactoryスタッフも久しぶりに楽しいフライトで充実したフライト日となりました。

フライト後もEC145の話題で盛り上がり、次の依頼も頂き16時頃大切に車に乗せお帰りになりました。

Yさん、長旅お疲れさまでした。そして楽しい時間とフライトまた会話をありがとうございました。

次回のスケールヘリの完成も是非、楽しみにしていて下さい。



今回のEC145の詳細はサイト内の別ページに記載してますので是非、見て下さい。 


EC145-Police完成 

 







2013.02.02     カテゴリ:  EC145-500 

   eurocopter ec145 price 500 size

eurocopter ec145

EC145は、BK117-C1の発達型で、日本ではBK117-C2と呼ばれる。ユーロコプターと川崎重工との共同開発機。
EC145はBK117C-1にくらべて総重量が3,550kgと大きくなり、ペイロードも約1,770kgまで増えた。キャビンも、長さは2.56mから2.96mになり、幅も18cm広がって1.39mとなった。これでパイロット1人のほかに乗客9人、詰めれば10人が搭乗できる。

またBK117のキャビン中央部にあったセンターポストがなくなり、使い勝手が良くなった。胴体左右のスライディング・ドアからはドア・ポストもなくなった。


EC-145.jpg 









主ローターも新しい。ブレードの形状が変わり、先端に向かってテーパーする。これで揚力が増し、騒音が減った。
騒音レベルはBK117にくらべて平均6.7デシベル低い。もとよりICAOの規定を大きく下回る。

機首とコクピット部分はEC135の準用である。電気系統、暖房、新しいアビオニクスもEC135の技術を採用し、最新のアビオニクスを装備するグラス・コクピットは、パイロットの労力負担をいちじるしく軽減している。
ユーローコプターEC145のテクニカルデーターPDFは(technical data EC145 PDF)こちらをクリックして下さい。



Hajimefactory  EC145 RC 500 size customize helicopter

DSC03222.jpg 


この500size EC145は、非常に全体バランスの良い仕上がりとなった。
フライトバランスは抜群に良く、3軸ジャイロを搭載していなくても安定してフライトが可能である。
3軸ジャイロを搭載する事により、更に安定性が増し、4枚ローターのスケールヘリとは思えない素直なフライト感覚である。
ホバリングは、殆ど操縦する事無く浮いている。
フライトは、まるで安定装置がついているかのような感覚で、バンクをかけたフライトにも、八の字旋回をしても常に安定した姿勢を保つ。

4枚ヘッドのバランスを徹底的に加工した。そして、スケールボディの剛性もアップさせ、機体とボディの接合部分も補強。
ヘッド精度、補強、機体配置、ボディ精度、全てからくるバランスでスケールヘリらしい安定したフライトが出来る。

DSC03215.jpg
DSC03236.jpgDSC03196.jpg


 今回のEC145POLICEカスタムも詳細データーを元に可能な限り忠実に再現している。
塗装、ロゴ、アンテナ、装備、ライト、ボディ加工含め忠実に再現した。

EC145POLICEの、この濃紺ベースにイエローカラー、そしてイエローのロゴで
非常に、カッコいい!!

DSC03056.jpg
DSC03052.jpgDSC03090.jpg


 
DSC03101.jpg
DSC03153.jpgDSC03155.jpg

テールは実機同様、左側にしている。




各部写真

DSC03069.jpg
DSC03072.jpgDSC03074.jpg

EC145のPOLICEにはワイヤーカッターが無い。


 
DSC03288.jpg
DSC03290.jpgDSC03129.jpg
マフラーも実機を忠実に再現。エンジンの熱で焦げた雰囲気を再現すると共に先端にかけて薄く削り加工しています。
また、ハッチラッチの部分も塗装では無くアルミで再現してます。

20132646.jpg20132629.jpg20132620.jpg





実機のロゴもオリジナル制作により忠実に再現。
DSC03136.jpg
DSC03134.jpgDSC03144.jpg

ダミーの90mmホイストもフルスクラッチ制作し、稼働もします。 POLICE仕様の多くはホイストは装備されていないが
他のタイプのEC145には殆ど装備されている。もちろん、POLICE仕様にも装備しているヘリもある。




DSC03267.jpg
DSC03262.jpgDSC03273.jpg

ワイパー、窓、ドアのぶ、各種アンテナ、装備、ライトなど。ボディの底部分の各部パーツやテール底部のパーツも制作している。



LED点灯画像

DSC03312-2.jpg
DSC03322.jpgDSC03341.jpg



DSC03348.jpg
DSC03356.jpgDSC03357.jpgDSC03358.jpg
サーチライトは、可動式にしてます。ある程度の角度であれば稼働可能。自動では動きませんが、ちょっとしたギミックです。


動画をご覧ください。



※部屋を少し明るめにして点灯させてますので暗い部屋とは明るさが違います。




DSC03222_20130202223448.jpgDSC03215_20130202223448.jpgDSC03232.jpg



フライト動画







Hajimefactoryのカスタマイズは一見、分からないような加工も含め細部加工が多く、目立たない部分も加工する事によりトータルバランス、トータルスタイルの過ぎれたスケールヘリが完成します。

塗装にしても塗ればいいのではない!ロゴや文字にしても再現すればいいのでは無い。
パーツにしても制作し取り付ければ良いと言う訳では無い。
塗装やボディラインや各部パーツにしても全てに拘りを持ち制作する事がお客様に感動と興奮をお届けする・・・Hajimefactoryのポリシーです。

カスタマイズ スケール ヘリコプターを制作するだけでなく、機体の加工や調整など、いかに、このスケールヘリコプターが爽快に安心して飛ばせるのかも、我々は常に考えます。スケールヘリコプターは、見て感動し飛ばして爽快な気分にならないとスケールヘリコプターでは無いと思います。

Hajimefactoryは海外のお客様が多く、リピーターの依頼者も多いです。
言葉の違う国の制作工房にメールだけで意思を伝え、打ち合わせをする。
本当に大変な事だと思います。なかなか伝わらない事もあります。
それでも、Hajimefactoryへ制作依頼を頂けると言う事を我々は感謝し、その感謝をカスタマイズスケールヘリに注ぐ事が大切な理念だと思います。

今回のEC145も、その一つのスケールヘリコプターです。