カテゴリー 《 最新記事 》   全15ページ

2015.05.22     カテゴリ:  最新記事 

   AH/MH-6J 600size 160th SOAR NIGHT STALKERS 仕様 制作企画

こんにちは。Hajime-factoryです。

AH-6J 600size Full custom制作の依頼がありましたので制作企画も含め
記事に書いていきたいと思います。

今回、ご依頼のあったAH-6J ナイト・ストーカーズ仕様です。
ナイトストーカーずとは米陸軍 第160特殊作戦航空連隊
160th SOAR(A) Special Operations Aviation Regiment
通称“Night Stalkers(闇夜に忍び寄る者)



ナイトストーカーズ記事TOP







第160特殊作戦航空連隊(160th SOAR)とは





15113929234_134024dd3f_o-1.jpg


米国陸軍所属の第160特殊作戦航空連隊(160th Special Operations Aviation Regiment:Airborne)は、
主に陸・海・海兵隊の特殊部隊(SOF:Special Operation Forces)の特殊作戦を支援する、ヘリコプター
航空部隊で、特殊作戦活動に従事する特殊部隊員の輸送・回収する為の専門支援部隊である。

Night Stalkers Don't Quit ナイト・ストーカーズは決して屈しない

第160特殊作戦航空連隊は、ベトナム戦争で確立された兵員輸送ヘリコプターを使用したヘリボーン戦術
(空挺作戦)と70年代より活性化した特殊作戦に対応すべく、敵性エリアの縦深侵攻能力と夜間低空侵入
に特化した「戦術」「戦技」「開発」「装備」「機体」の開発を目的に、1977年に第101空挺師団(空中強襲)を
モデル部隊として空中機動作戦(ヘリボーン戦術)の各種運用
訓練が行なう目的で発足された部隊です。

夜間低空侵入に特化したヘリボーン戦術を得意とする第160特殊作戦航空連隊(ナイトストーカーズ)で
使用・運用されるのは3機種リトルバード、ブラックホーク、チヌークで10種類のヘリコプターを
擁する特殊戦スペシャリスト部隊である。








AH-6H/J キラーエッグ 小型強襲偵察ヘリ


AH-6H/J キラーエッグは、ヒューズ社が開発し現在はMDヘリコプターズ社が生産しているMD
500シリーズの陸軍採用型OH-6を改良し偵察・近接航空支援等が行える武装型攻撃ヘリで、
小型・軽量な機体を活かして高機動火力支援を行える武装ヘリ。 

5433940715_3a8307903b_b.jpg




MH-6H/J リトルバード 小型汎用ヘリ


最新型のMH-6Jリトルバードは、6名の兵員輸送力を持った高速・小型・軽量ヘリで、
その特長を活かして市街戦や目標地点を急襲する作戦等に投入される。


8108a06773a8699c398e9319df9.jpg


MH-60L ブラックホーク 特殊戦用汎用兵員輸送ヘリ

部隊発足時に第101空挺師団より装備の一部を譲り受けたUH-60Aブラックホークを改良しMH-60Aとして、
前方監視用赤外線装置(FLIR)、無線航法装置、夜間飛行用暗視装置を搭載し
自衛用にHIRSS(Hover Infrared Suppression System)赤外線抑制システム、赤外線パルス・ジャマー
チャフ・フレア・ディスペンサーを装備している。


MH-60L_20150523022934e08.jpg






MH-60K ナイトホーク 特殊戦用汎用兵員輸送ヘリ

MH-60K型は、L型を改良した最新型で1992年から160SOARにのみ部隊配備が行なわれている。
機種先端には、レイセオン社製(Raytheon)AN/APQ-174B(Multi-Mode Radar)MMRが搭載されて
いる。 MMR(マルチ・モード・レーダー)は、地表30mを飛行可能とする地形追随・回避レーダーで夜間
でもCF(Contour Flight)地形追随飛行(等高線飛行)が行なえる。
また、最大レーダー・レンジ460kmでスキャン角120度の気象レーダーも付随し全天候下での作戦遂行
能力を持つ事になり、夜間、悪天候下及び妨害ジャミング下でも多目的に使用できる。
その他に、AN/AAQ-16前方監視用赤外線装置(FLIR:Forward Looking Infrared rays)を機首下部に
設置し夜間飛行時及び目標の探索・捕捉・照準を行なえる。


MH-60K_20150523023436642.jpg






MH-47E チヌーク重強襲兵員輸送ヘリ

160SOARに配備されているMH-47D型を大幅に改良した最新型の特殊戦用大型兵員輸送ヘリで
全天候・夜間低空進入能力を有する高性能強襲兵員輸送ヘリとなっている。
第160特殊作戦航空連隊(空挺)に配備された機種では、MH-60K型と並んで最も完成された特殊
戦機の呼び声が高く、全天候夜間低空侵攻能力と大きな兵員輸送力を持つMH-47E型はあらゆる
SOF(特殊部隊)を支援出来、マルチミッションを行なえる。


チヌーク







2014 International Special Operations Exerciseの動画です。
約33分の動画ですがMH-60K and AH/MH-6Jの見どころ満載の演習です。









今回のご依頼は160th SOAR“Night Stalkersのヘリの中でも
小型・軽量、高機動火力支援を行える武装ヘのリAH-6H/J キラーエッグ 小型強襲偵察ヘリです。


DSC_3878edit.jpg




HAJIME-FACTORYとしてAH-6H/Jのキラーエッグフルカスタムスケールヘリのご依頼は
450サイズで3機の制作がありますが600サイズのフルカスタムは初ですので制作が楽しみです。


20150428-DSC00420.jpg






ベースのボディはMD500 600sizeを使用します。


CN4010D.jpg




そして、このMD500をベースとしてAH-6を制作していきますが
AH-6H/JはOH-6の軍用派生版でOH-6と比べ特殊作戦で活動する為に
様々な変更が加えられています。


下の写真はOH-6とMH-6の比較写真です。



OH-6-and-AH-6.jpg




機体前方下部にAN/AAQ-16前方監視用赤外線装置(FLIR)を搭載。
AN/ALQ-114赤外線ジャマーを機体上面に設置。
RWR(Radar Warning Reciever)レーダー警戒受信装置搭載など実戦で
必要とされる装備が搭載されています。

その他にスキッド強化やアンテナ類また、様々なパーツが追加されています。

また、武装系のAH-6Jには
AGM-114C/Fヘルファイア対戦車ミサイル
TOW対戦車ミサイル
M134・7.62mmミニガン、GAU-2A・7.62mmバルカン機関砲、
GAU-19・50cal三銃身機関砲、M260/M261ロケットランチャー・ポッドいずれかの兵装
を選択出来る。兵装は全て外装式となっており任務によって搭載を変更させる。




DSC_5456.jpg


AH-6Jは特殊作戦航空連隊のヘリの為、詳細な写真や資料は少なく
新たに資料集をしていきます。

今回のAH-6Jは完全なフルカスタムとなりますので武器武装、ヘッド、ローター、内装、コックピット
外装、装備など実機のレプリカを制作していくために可能な限りの資料を収集していきます。



実機レプリカRC AH-6Jを完成させる為には、スケールヘリコプターとしてボディの
完成度だけでなく、ヘッドやコックピットも如何に実機を作り上げるかになります。


まずヘッドは実機と同じ形状のマルチローターヘッドを搭載予定で企画しています。




下の写真は実機写真




実機ヘッド





そして搭載予定のマルチローターヘッド



ヘッド


シリンダー部分の再現され実機の形状と構造を良く再現されてます。

ローターヘッドは複雑になればなる程RCヘリコプターヘッドとして難しくなり
挙動変化や振動またハンチングなどの原因になりますので入手後、テストをしてみないと分かりません。


ただ、このヘッドが搭載可能となれば、かなり実機感が出ますので何とか物にしたいと思います。



そして、コックピットはもちろん、シートやレバーも実機を可能な限り忠実に制作します。




コックピット






前方監視用赤外線装置(FLIR)、無線航法装置、アンテナ類なども全て再現!



装備-1





上部のアンテナ類やボディにある小さなパーツも含め全て再現していきます。



アンテナ類





いかに実機の質感を再現出来るかと言うのはボディのパーツや開閉部分の再現
そして、実機の質感を出すペイントワークも重要なカスタムです。



ボディ





OH-6に比べスキッドの高さや構造また太さなども含め制作していきます。


スキッド




M-260ROCKET LAUNCHER(7発)ポッド×2、M134・7.62mmミニガンなどもワンオフで制作。
600sizeの武装になりますので機銃やロケット砲の再現性やディテールを完全制作していきますが
重量等を可能な限り軽くする為の素材選びや制作方法も含め企画していきます。



武装




実機のMD500、OH-6含めAH-6Jのヘッドの高さは低くR/Cヘリコプターとして限界がありますが
メインシャフト、ローターヘッドを加工し可能な限り低く制作していきます。


ヘッド高さ




そして、600sizeのAH-6Jですので1/6フィギュアを乗せていく予定のようです。
もちろん、のせるフィギュアは「SOAR」


フィギュア


フィギュア2



このフィギュアを搭載すると


7611440296_b79e532fdc_o.jpg


DSC_5102.jpg





また、海外で大変素晴らしい1/6のAH/MH-6Jを制作されているファクトリーの方がいます。





CapD20150508_14.jpg



非常に完成度の高いAH/MH-6Jスケールヘリコプターです。

機銃やロケット砲も含め素晴らしいディテールと作り込みで完成まで数年掛けて制作されてます。


現在、最も評価の高いAH/MH-6Jであり世界各国のフライヤーが集まるRCエアーモデルの祭典
「international radio controlled helicopter association」通称IRCHAにも出場されています。



AH-6-700size.jpg




大きさは今回制作するAH/MH-6J 600sizeより大きいスケールヘリコプターですが
世界に通用するスーパーフルカスタムスケールヘリコプターを制作して行きたいと思います。



目指すは、実機です。


15821690412_7a4bbf73b8_k.jpg



2015.04.15     カテゴリ:  最新記事 

   AH-1Z stub wingsとフルカスタムパーツの重量について

こんにちは。Hajime-factoryです。


お問い合わせの中で良くある質問に
「フルカスタムをした場合、重量はどれくらいアップしますか?」
という質問があります。


制作する機種や内容によって様々ですので一概に、重量がどの程度アップするかと
言うことは言えませんがワンオフのパーツ制作において強度、重量を常に
考え制作方法や材料を選択し制作をしています。


下の写真はAH-1Z Viper のスタブウィング制作中の写真です。



AH-1Z-スタブウィング-1




そして、下の写真はベースボディのスタブウィングとの大きさ比較です。
AH-1W Super Cobra のスタブウィングとは大きさ、形状も
違いますのでAH-1Zのパーツ関係は全てワンオフで制作します。


スタブエヒング大きさ比較





そして、下の写真はベースボディのスタブウィングとの重量比較です。

※比較する為にカスタムパーツと同じLEDを2球ノーマルパーツにも入れています。


スタブエヒング重量



ベースボディパーツとカスタムパーツの重量の違いは3gです。
大きさ比率からいっても僅か3gの重量増に抑えて制作しています。

全てのパーツやカスタム制作は、強度と重量を常に考慮し可能な限り
軽くて強度がある制作方法、材料で制作をしています。

そして、完成した時にベースボディと比較しても重量増は可能な限り少なくしていきます。

R/Cスケールヘリコプターである以上、カスタム・スケールヘリコプターであっても
可能な限り軽く制作し快適なフライトが出来るように制作しています。







ここでAH-1WとAH-1Zのスタブウィングの違いを簡単に説明します。

下の写真をご覧頂けると分かると思いますが
AH-1WとAH-1Zでは、スタブウィングの長さ、厚み、形状が違います。
また、航空灯も違い、AH-1Wは側面に一つですが、
AH-1Zは側面と上部と2箇所の航空灯が装備されてます。




AH-1W-AH-1Z_20150415152202afb.jpg




下の写真は、AH-1Wベースボディのスタブウィングと
ワンオフ制作のAH-1Zのスタブウィングです。

実機と同様の形状と大きさ比率で制作しています。
また、航空灯も実機同様2箇所に取り付けてます。




スタブエヒング形状比較



このAH-1Zの航空灯に使用したLEDは3mm球ですが、従来のLEDと違い
超高輝度のLEDを使用していますので夜間だけでなく日中でもかなり目立ちます。

また、正面からだけでなく側面から見ても眩しいくらい光ってます。



スタブウィングLED



今回の記事は、カスタム制作においての重量の記事でしたが、
合わせてAH-1Zのスタブウィング制作状況も掲載しました。









2015.04.09     カテゴリ:  最新記事 

   Bell AH-1Z Viper 500size Build 進行状況


HAJIME-FACTORYです。

Bell AH-1Z Viper 500sizeの「制作状況を見たい」と言うメールが
国内外から大変多く寄せられていますので
依頼者の許可も頂き制作状況の一部を少し記事にしたいと思います。

カスタム制作内容や完成予想図などの制作企画は
以前、記事にしていますのでご覧下さい。


AH-1Z Viper 500size 依頼内容制作企画書





下の写真はベースボディAH-1Zを制作する為に変更箇所を切断している写真です。

ベースボディはAH-1Wですのでツインマフラーは縦型のマフラーになります。
その為、AH-1Zマフラーを制作する為にマフラー部分も含め切断します。
また、マフラー形状だけでなくテール根元部分も違い一見マフラーだけの
ように感じますがAH-1WとAH-1Zの違いは様々な部分で変更されてます。

AH-1Z-1-2.jpg





下の写真の〇部分がAH-1WとAH-1Zでは全く違います。



AH-1W-Z-1.jpg




下の写真は、ツインマフラーの部分をグラスファイバーで制作したマフラー部分
をボディに仮止めしている写真です。

AH-1Z-3-3.jpg





下の写真はヤスリで表面処理、整形した後で穴あけなどの加工
、ペーパーで、ひたすら表面処理をしている写真です。
形状を確認しながら指先の感覚だけで表面処理、整形をしていきます。

AH-1Z-4-5.jpg






更にパテを盛りペーパーで磨きます。
この繰り返しでベースボディとワンオフパーツが一体となり違和感の無い
ボディへと仕上げていきます。

AH-1Z-6-1.jpg



バルサで制作し樹脂で固めたパーツをボディに取付てボディに馴染ませ加工中。
パテと塗り形状を整形していきます。ペーパーで磨き、指先で確認、磨き、確認を
繰り返して形状を整えていきます。


AH-1Z-7-8.jpg

AH-1Z-9-10.jpg



グラスでワンオフパーツを制作しボディへ取付てボディに馴染ませ形状を整え
そして、表面処理も含めペーパーとパテの繰り返しで制作してきます。
パーツ制作より、この工程に最も時間が掛かります。

カスタム制作と思えない精度とバランスそして形状を徹底し
最終的に完成したフルカスタムスケールヘリコプターを見て
感動されるかどうかが決まります。


AH-1Z-14-15.jpg


下の写真は、AH-1Zの特徴でもある上部カバーです。
グラスファイバーとバルサで制作したパーツを上記の工程と
同じように制作していきます。

全て手作業で形状を作っていきます。
試作品等も制作し「形状」「強度」「剛性」「重量」などを重視し
どの材料で制作するのが一番なのかを考え制作していきます。


AH-1Z-11.jpg



そしてAH-1Zのメインとなる部分の制作がある程度完成した状態です。


AH-1Z-12-1.jpg

AH-1Z-13.jpg




そして、更に制作を進めた写真が以下の写真になります。
この時点で全体の50%程度の制作状況です。


AH-1Z-16.jpg

AH-1Z-17.jpg

AH-1Z-20.jpg

AH-1Z-22.jpg



下の写真はトップ部分の実機との比較です。
実機より少し低くしています。
これは、RCスケールとしてヘッドの高さや高回転で回る部分の限界値です。
これ以上、高くすると実機と違い危険ですので、この高さで制作しています。

AH-1Zトップカバー


AH-1Z-21.jpg

AH-1Z-23.jpg



現段階でのベースボディとの比較写真です。


AH-1Z-16-B-1.jpg

AH-1Z-21-B3.jpg

AH-1Z-24-B5.jpg




記事や写真では説明出来ないような制作が殆どです。

また、AH-1WとAH-1Zは写真で比較しただけでは分からないような
変更箇所も非常に多くあります。

スタブウィングにしてもWとZでは角度が違います。
Wは平行でZは先端にかけて少し上に上がっています。
また、チャフの位置や数、テールの水平尾翼、底部、側面パーツなど
全く別物のコブラになっています。


完成まで、もう少し時間が掛かりますが実機のAH-1Zを創り出して行きます。


AH-1Z-G-4.jpg







AH-1の記事ですので先日、完成した
Basic customのAH-1Wです。
久しぶりに依頼が来たシャークマウス AH-1Wです。

AH-1W-3_20150409205224a01.jpg

AH-1W-5_201504092052267a6.jpg



AH-1W 500Sizeの
Basic custom 依頼は多い方ですがシャークマウスの依頼は久しぶりです。


AH-1W-4_2015040920522407b.jpg

AH-1W-1_20150409205220cdb.jpg




Basic customですが、スーパーコブラは、やはりカッコイイですね~!!


AH-1W-2_20150409205221423.jpg













2015.04.05     カテゴリ:  最新記事 

   「ヴィンテージ・自作・改造&スケールRCヘリコプター大集合!」のご案内


Japan Only article


R/Cヘリコプター&スケールヘリコプターイベントのお知らせです。

「ヴィンテージ・自作・改造&スケールRCヘリコプター大集合!」
のイベントが今年も開催されます!

ヴィンテージ機体、自作機体、改造機体
そしてスケールヘリコプターのオーナーさん大集合です。


イベントチラシは画像の上で右クリックして「名前を付けて保存」を選び
保存(ダウンロード)すると大きい画像で見れます。
大きさ:2480×3510 サイズ1.62MB

RCヘリコプター大集合-1



今年も大いに盛り上がると思います。


自分のヘリコプターのお披露目だったり
仲間のヘリコプターを身近で見たり
制作秘話や製作技術またフライト技術の情報交換だったり

懐かしいヘリコプターや凄いヘリコプターを目の前で
気の合う仲間とヘリ談義は本当に楽しい時間です。




主催者や参加者の皆さんは気さくでヘリコプター大好き人間ですので
ビンテージヘリコプターや自作したヘリコプター
また実機と見間違う程の完成度と臨場感あるスケールヘリコプター
を目の前で見てみたいと思われている方も是非、参加してみて下さい。



イベントチラシは画像の上で右クリックして「名前を付けて保存」を選び
保存(ダウンロード)すると大きい画像で見れます。
大きさ:2480×3510 サイズ1.62MB



ヴィンテージヘリコプターイ



今年は昨年以上に貴重なヘリコプターが集まると思います。


実機が好きな方、スケールヘリコプター好きな方も
是非、参加してみて下さい。

大会やメーカー公式イベント等ではありません。
ヘリコプター好きが集まる祭典です!


目の前で実機さながらの重量感溢れる
スケールヘリコプターのフライトは感動です。


フライト







2015.02.15     カテゴリ:  最新記事 

   福井県防災航空隊 BK117C-1 JA291F Blue Arrow 制作中 パート2


こんにちは。Hajime-factoryです。


IMG_0053.jpg



多くのご要望もありBK117C-1 JA291F Blue Arrowの制作状況を記載します。


名称未設定-1





前回の記事から20%程度制作は進んでおりますが現在は制作を停止してます。

理由は、実機のJA291F Blue Arrowを取材予定で最終的な制作、仕上げは
実機を取材に行かせて頂き、現在の Blue Arrowを目の前で細部まで見て、感じ
そして、最終的な制作に入りたいと思ってます。

目の前で見る実機の細かな形状や感じる臨場感伝わる感覚を
そのまま、このRC 
JA291F Blue Arrowに注ぎ込んで行きたいと思います。

もちろん、ご依頼者の許可を頂き時間を頂いています。

それでは、現段階でのBK117C-1 JA291F Blue Arrowの写真を掲載します。


20150214-DSC07835_R.jpg


後部スライドドア、アンテナ類などのパーツは取り外しています。


20150214-DSC07836_R.jpg


塗装後に取り付けるパーツ関係も全て取り付けていません。


20150214-DSC07851_R.jpg



現在、サフェーサーを吹き付けた状態ですが、最終的にはここから時間を掛け表面処理
をしていきマスキング、塗装、デカール、パーツそしてコックピット制作に入ります。



20150214-DSC07897_R.jpg


実機の取材が終了次第、その感覚のまま制作に入ります。


20150214-DSC07910_R.jpg


実機のJA291F Blue Arrowは昨年から耐空証明検査のため
愛知県営名古屋空港内のセントラルヘリコプターサービスにありました。
そして、全ての検査が終了し13日の午前中に福井県へ戻ってくる予定です。
※13日は福井県上空の気象状況が悪く本日15日11時に無事、福井県入りしました。

福井県防災航空隊には新機体の導入が決まっておりますが来年以降になります。
それまでは福井県の上空で Blue Arrowの勇姿を見ることが出来ます。

完成後は再び福井県のBK117C-1 JA291F Blue Arrowに会いに行き
完成したRC BK117C-1 JA291F Blue Arrowと一緒に撮影をしたいと思います。


IMG_0226.jpg




その他の写真はWebアルバムにアップしてますので下のリンク写真をクリック頂きご覧下さい。



CapD20150215.jpg